ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『デスノート 2016』正式タイトル決定&ティザーポスターに月とLも登場……10年後に照らし出される“新世界”とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月29日より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国拡大ロードショー、月とLの死から10年後の世界を描く完全新作映画『デスノート 2016』。その正式タイトルが発表され、ティザーポスターも同時解禁された。

『デスノート Light up the NEW world』写真など

 今回解禁となったティザーポスターには、キラ事件に精通するデスノート対策本部の捜査官“三島”を中心に、Lの遺伝子を引き継ぐ世界的名探偵“竜崎”(=黒)と、キラの信奉者のサイバーテロリスト“紫苑優輝”(=白)の姿が象徴的なアイテムとともに登場。そして、頭上に浮かび上がる死神・リュークの影……。

 本作の舞台は、デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月(藤原竜也)と、命をかけてキラを食い止めたL(松山ケンイチ)との天才同士の対決から10年を経た世界。デスノートによるものと思われる大量殺人事件が発生する中、日本のデスノート対策本部特別チームはある事件によって地上には6冊のデスノートが存在する事を知る。続出するデスノート保持者。新たな6冊のデスノートを巡り、全世界を巻き込む究極の頭脳戦が繰り広げられる。

 真っ白な空間に漂うデジタルドットから浮かび上がる死神・リュークは、10年前から超速度で進化し続けるネット社会での「デスノート」を象徴しているとか。そして“白”の紫苑の側には“黒”のキラ=夜神月、“黒”の竜崎の側には“白”のLが配置され、複雑に交錯する10年後の戦いを表しているかのよう。

 また、映画の正式タイトルも発表に。『デスノート Light up the NEW world』。10年後にLight up=照らし出される新世界とは一体何なのか? 続報に注目してほしい。

関連記事リンク(外部サイト)

『デスノート 2016』菅田将暉演じる“狂気の天才にして、サイバーテロリスト”写真解禁
『デスノート 2016』池松壮亮演じる“Lの遺伝子を継ぐ、世界的私立探偵”写真解禁
ミサミサ降臨『デスノート 2016』戸田恵梨香が再び“弥海砂(あまね みさ)”

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP