ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フランス映画界の名匠クロード・ルルーシュ監督新作“恋愛映画の決定版”公開決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フランス映画の金字塔にして恋愛映画の傑作である『男と女』(1966)で知られる名監督、クロード・ルルーシュ。彼の新作映画『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(読み:プレリュード)』(原題:Un+une)の日本劇場公開が9月3日に決定した。

 本作は、男女の恋愛の機微を描くのを得意とするクロード・ルルーシュと、彼の盟友であり、『男と女』『愛と哀しみのボレロ』『レ・ミゼラブル』などルルーシュ作品の音楽を担当し、作曲家として世界的名声を得ているフランシス・レイが再びタッグを組み作り上げた大人の恋愛模様“最終章”。異国情緒たっぷりのインドを舞台に、互いにパートナーがいながらも魅かれあっていく男女の恋の行方を、尽きることのない、機知に富んだ会話と、あふれる旅情で描き出す。まさに“愛の前奏曲”だ。

 大人の色気あふれる男・アントワーヌを自然体で演じているのは、『アーティスト』でアカデミー賞・主演男優賞に輝いたジャン・デュジャルダン。そして、大使である夫の愛を受け、全てを手に入れたはずの女・アンナを、これまでフランス国内の映画賞・セザール賞に3度ノミネートされた経歴のある女優、エルザ・ジルベルスタインが演じている。

 『男と女』から50年、齢78歳にしてクロード・ルルーシュが完成させた、大人の男と女の恋愛模様の決定版。「愛に限界はない」「愛がこの映画の唯一のテーマだ」というクロード・ルルーシュの思いを、この秋、確かめに行こう。

◎『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(読み:プレリュード)』
9月3日(土)よりBunkamuraル・シネマほかにてロードショー
監督・原案・脚本:クロード・ルルーシュ
脚本協力:ヴァレリー・ペラン
音楽:フランシス・レイ
出演:ジャン・デュジャルダン、エルザ・ジルベルスタイン、クリストファー・ランバート、アリス・ポル
2015年 / フランス / シネスコ / 5.1ch デジタル / 114分 / 原題Un+une /
字幕翻訳:松浦美奈  
後援:在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本
配給:ファントム・フィルム
(C)2015 Les Films 13 – Davis Films – JD Prod – France 2 Cinema

関連記事リンク(外部サイト)

ヴィム・ヴェンダース制作総指揮、ダンスと愛の物語『ラスト・タンゴ』予告編公開
正義感ゼロのR指定アンチヒーロー映画『デッドプール』本編映像解禁
カンヌ国際映画祭正式出品映画『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』公開決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。