ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現地在住者が選ぶ!ローマのおすすめレストラン10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Edicolante「友達をローマ案内 ヴェッキア・ローマ モンテカルロ モンティ地区」

こんにちは。イタリア在住15年、Compathy MagazineライターのEdicolanteです。
ローマの郷土料理は、カルボナーラやアマトリチャーナなどのパスタや、オッソブーコなどの肉料理、海が近いので魚介類も食べられます。チーズなどの乳製品やアーティチョーク(イタリア語では、カルチョーフィ)などの野菜も特産品です。
本場の料理を試すのは、旅のメインの楽しみだったりしますよね。観光地のローマではたくさんのレストランがありますが、いったいどこで美味しい料理が食べられるのでしょうか。
今回は、現地在住の筆者おすすめのレストランと老舗レストランを10店ご紹介します。

1. イル・コラッロ

Photo credit: Edicolante 「友人たちとローマで年越し そして元旦にローマ法王に会いに行きました」

筆者の義祖父も通っていたトラットリア、ピッツェリーア。ナヴォーナ広場に近いこともあり、観光客も地元の人も訪れます。魚介のお料理も美味しいのは、こだわりの食材を使っているからでしょう。毎朝シェフが自ら食材を選ぶそうです。そのため、ローマ料理の定番メニューの他に日替わりのシェフのおすすめもあります。外のパネルを見てチェックしてみましょう。
筆者はこのレストランでシーフードを食べるのが楽しみなんです。暖かい日は外のテーブル席でワインでもゆっくり飲みながら楽しみたいレストランです。

イル・コラッロ(Il Corallo)
住所:Via del Corallo, 11, 00186 Roma(ナヴォーナ広場近く)
電話番号:06 6830 7703
営業時間:12:00~00:30
ホームページ:https://www.facebook.com/IL-CORALLO-174302579288488

2. ピンサ・エ・ブオイ・デイ… サン・ジョヴァンニ

Photo credit: Edicolante 「ローマ、サン・ジョヴァンニ地区のピンサとトラステヴェレ地区のポルタポルテーゼ市とオスティエンセ」

「ピンサ」という、ピッツァとは少し違う、最近話題のローマ名物を提供するお店です。これはピッツァの元となるもので、古代ローマ時代以前から食べられていました。ピッツァと違うのは小麦などの炭水化物はほとんど使わず、米粉や大豆などをベースに作られていること。そのためとっても消化がよくてヘルシー!
ピンサだけでなく、メニューが豊富なので、フルコースを食べてゆっくり過ごすのも良いかも知れません。サン・ジョヴァンニ大聖堂の近くです。

ピンサについて興味がある方は、以前、筆者が書いたこちらの記事を御覧ください。
ピッツァといえばナポリ?ローマにだってピンサがある!

ピンサ・エ・ブオイ・デイ… サン・ジョヴァンニ(Pinsa e Buoi dei… San Giovanni)
住所:Via Carlo Felice 51/53, 00185 Roma, Italia(サン・ジョヴァンニ大聖堂近く)
電話番号:06 6830 7703
営業時間:12:00~15:30、18:30~23:30
ホームページ:http://www.pinsaebuoiristorante.com

3. イ・ブオニ・アミーチ

Photo credit: Edicolante 「ローマ料理の紹介とオススメ店 インドカレーとイースターエッグも」

いつも常連客で賑わうのは、お店のアット・ホームな雰囲気のため。隠れたこのお店は値段設定も良心的で、一皿の量も多く満足感が得られます。ローマの定番料理と、日替わりの新鮮な魚を使ったおすすめ料理などがあるので通っても飽きません。
ビュッフェ形式で色々味見できる前菜(アンティパスト)は旅行者にも嬉しいですね。魚介のリゾットがおすすめです。お料理を待ちながら、店内に飾られている有名人の写真や、昔の雰囲気のローマの絵画などを眺めましょう。

イ・ブオニ・アミーチ(I Buoni Amici)
住所:Via Aleardo Aleardi, 4, Roma(サン・ジョヴァンニ大聖堂近く)
電話番号:06 7049 1993
営業時間:12:15~15:00、19:15~23:00
定休日:日曜

4. ケッコ・エル・カレッティエーレ

Photo credit: Edicolante 「トラステヴェレは花盛り! ピッツァと揚げ物の達人とジェラートとパン屋と。。。お楽しみ色々」

トラステヴェレ地区にある、ローマ料理を提供する老舗レストラン。300種類以上のワインを揃えています。古い趣きのある中庭があり、有名人も通います。レストランは高級ですが、側の同じ経営者のオステリーアでは、お手頃価格でお食事をすることができます。筆者の知人の職人も毎日通うくらい美味しいのです。
おやつタイムにトラステヴェレに来たら、このケッコ・エル・カレッティエーレのバールで、ジェラートやグラニータというかき氷を食べながらローマの下町散策をしましょう。

ケッコ・エル・カレッティエーレ(Checco er Carettiere)
住所:Via Benedetta, 10, 00153 Roma(トラステヴェレ地区)
電話番号:06 581 7018
営業時間:12:00~23:15
定休日:日曜
ホームページ:http://www.checcoercarettiere.it

5. モンティ

Photo credit: Edicolante

ローマ料理と、オーナー兄弟の出身のマルケ州の料理が楽しめます。そのため、他のローマのレストランとは少し雰囲気が違う洗練された感じです。リバティ様式のランプが素敵な空間です。羊や鴨などのお肉やチーズに合わせてマルケ州のワインをオーダーするのもいいですね。
よくお客さんを気遣ってくれる優しい顔のオーナーさんが印象的でした。常連さんが多く、ローマの人も特別な記念日などに使うようなので、週末は特に予約をしたほうがよいです。

トラットリア・モンティ(Trattoria Monti)
住所:Via di S. Vito, 13/A, 00185 Roma(サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂近く)
電話番号:06 446 6573
営業時間:12:00~15:00、19:30~22:30
定休日:月曜

6. ヴェッキア・ローマ

Photo credit: Edicolante

このお店では、是非アマトリチャーナやパルミジャーナのパスタを注文しましょう。キッチンから出てくると、大きなパルミジャーノチーズ丸ごとの中でパスタをフランベしてくれます。アルコールに火をつけてチーズとパスタを絡めて出してくれるのです。熱々の茹でたてパスタにパルミジャーノ・レッジャーノチーズがたっぷりと絡まったパスタを是非お試しください。
一皿の量が多いですが、せっかくローマまで来たのですから、オッソブーコやローマ風トリッパなどのメイン料理も食べておきたいですね。

トラットリーア・ヴェッキア・ローマ(Trattoria Vecchia Roma)
住所:Via Ferruccio, 12b/c, 00185 Roma(地下鉄ヴィットリオ・エマヌエーレ駅近く)
電話番号:06 446 7143
営業時間:12:00~15:00、19:00~23:00
定休日:日曜
ホームページ:http://www.trattoriavecchiaroma.it

7. ソーラ・レッラ

Photo credit: Edicolante

伝統的なローマ料理が食べられる、テヴェレ川の中洲のティブルティーナ島にあるレストラン。ローマの有名な俳優アルド・ファブリツィの妹さんが経営者でした。お店の入り口に彼女の写真が貼ってあります。戦後のローマの有名人ですから、年配の方も当時を懐かしんで、昔ながらの味を求めてやってきます。
こちらのお店は、手作りジェラートなどのスイーツもおすすめ。店先に貼られているたくさんのステッカーから、料理評論家の高評価もえられているのが分かります。

ソーラ・レッラ(Sora Lella)
住所:Via di Ponte Quattro capi, 16, 00186 Roma(トラステヴェレ、ゲットー地区近く)
電話番号:06 686 1601
営業時間:12:30~15:00、19:30~23:00
定休日:火曜
ホームページ:http://www.trattoriasoralella.it

8. ジジェット

Photo credit: Edicolante 「ローマから日帰り カルチョーフィの収穫祭 ラディスポリ」

1923年創業の家族経営のローマ風の居酒屋的レストラン。お料理にあう、こだわりのワインを揃えています。本場ローマ料理発祥といわれている旧ユダヤ人街で、昔と変わらぬ伝統の味を試しましょう。
ローマ料理といえば、カルチョーフィ(アーティチョーク)も食べてみなければなりません。まん丸の大きなカルチョフォはローマの家庭料理の主役です。日本では瓶詰めでないと手に入りにくいですよね。プロの料理人が新鮮な食材で作ったものは、やはり違いますよ!

ダ・ジジェット・アル・ポルティコ・ドッタヴィア(da Giggetto al Portico d’Ottavia)
住所:Via del Portico D’Ottavia, 21, 00186 Roma(ゲットー地区)
電話番号:06 686 1105
営業時間:12:30~15:00、19:30~23:00
定休日:月曜
ホームページ:http://www.giggetto.it

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP