ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もっと気軽に保護犬とふれあおう!代官山のアートな空間のカフェが4月30日にハッピーなイベントを開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


犬や猫を家族のように考える人が増えている中、ペットブームで飼ったけれども飼えなくなって手放したり、ペットに生まれた赤ちゃんを飼えなくて遺棄する人も少なくないという。保護犬、保護猫の問題は、過剰なペット販売への批判や社会問題にもなっている。

人間の身勝手な行動の結果うまれる悲しい犬や猫たちを少しでも減らしたいと、東京・代官山にて4月30日(土)に保護犬、保護猫と気軽に触れ合えるイベント「PET RIBBON Cafe(ペットリボンカフェ)」が開催される。このプロジェクトを主体となって企画したのは、家族でつくるペットの思い出アルバムアプリ「HONEY(ハニー)」を提供しているシロップだ。


最近はテレビでも保護犬と暮らす番組などが放送され、ペットは買うものから「里親」として出会うケースもあるという認識が高まりつつある。しかし保護犬、保護猫と出会うきっかけが掴めずにいる人が多いのも事実。「興味はあるけれど、どうしたら良いのかわからない…」そんな人にこそ参加してもらいたいのだそう。


イベント名の「PET RIBBON Cafe(ペットリボンカフェ)」は、人と犬猫の命がリボンのように結ばれるようにとの思いを込めて名づけられた。

イベントは入場料無料(店内利用の場合はワンオーダー制)で、保護犬とのふれあいにはじまり、カプチーノを注文した人への「ワンにゃんラテアート」プレゼント、また猫と豊かに暮らすアイデアが掲載されているマガジン「MILL(ミル)」の閲覧や、写真家 杉本 奈々重の「White Photo Project」特大写真パネルの展示、世界初・心拍センサーで犬の気持ちを知る「INUPATHY(イヌパシー)」のリリース前体験会など盛りだくさんの内容。


シロップ代表の大久保氏がこのイベントを開くきっかけとなったのは、自身の譲渡会への参加経験。「興味はあるものの参加しにくい」、「かわいそう」との声を聞いたことが、保護犬、保護猫と気軽に触れ合えるイベントの開催へとつながった。

開催日時は4月30日(土) 10:00~12:00(※第1回目は保護犬のみ、雨天時中止。HPにて前日22時までにお知らせ)。会場は代官山TENOHA内 BONDOLFI BONCAFFE(ボンドルフィ ボンカフェ)(http://tenoha.jp/bondolfi-boncaffe/)。

この機会に、さまざまな保護犬猫にふれてみよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP