ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「美人は3600万円得」との研究結果「整形すべき」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「ルックスで生涯年収に差が出る」。デイリー新潮で、橘 玲氏の新著『言ってはいけない 残酷すぎる真実』のこのような内容が紹介され、ネット上で話題になっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

それによると、経済学者のダニエル・S・ハマーメッシュが行った「男女の見た目を5段階評価し、それぞれの収入を調べる」という研究では、見た目の平均を3点とした場合、4~5点の女性は平均女性よりも8%収入が多く、1~2点の女性は4%少ない、との結果が出たという。

これを大卒の会社員の生涯賃金約3億円にあてはめると、平均より美人な女性は約2400万円収入が多く、平均未満の女性は1200万円少なくなる計算になる。つまり美人と不美人の「生涯賃金格差」は、3600万円にのぼるというわけだ。

これに対し、Twitterには、

「クソが」
「日本ならブスは美人より年収100万位は低い感じか…..ブスは就活に向けてインターン行くより整形すべき」

など、希望を失う声がみられる一方で、

「もっと差があるんじゃないかと思ってたけど…(;・∀・) 」

と、現実はもっと厳しいのではという意見や、

「かわいいは今時作れるし、そういう努力ができるのかできないのかの差じゃないのかな?」

という手厳しい声も…。

なお同書では、男性のルックスに関する研究も紹介。シュー・ハーテンステイン『卒アル写真で将来はわかる』(文藝春秋)によると、儲かっている会社のCEOの顔写真を見ているときのほうが、人間は感情が動かされやすいことが明らかになっており、ルックスと経済的成功には何らかの相関があるという。

ルックスに自信のない人にとっては、信じたくない研究結果…。あなたはどう受け止める?
(花賀 太)
(R25編集部)

「美人は3600万円得」との研究結果「整形すべき」の声はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

イケメンは「生涯年収1780万多い」
仕事で得する顔・損する顔
30歳会社員「理想の年収」は919万
生涯年収アップが見込める資格5選
美女vs.才女 どっちが幸せに?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP