体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小沢元代表、改めて無罪主張 説明責任たずねた記者に「もうちょっと勉強して」

「もうちょっと勉強してからまた質問してください」

 政治資金規正法違反罪で強制起訴された民主党元代表の小沢一郎氏は、2011年10月6日午後の記者会見に出席した。小沢氏は同日午前に東京地裁で開かれた初公判での意見陳述を改めて読み上げ、無罪を主張。検察による捜査について「国家権力の乱用だ」とも述べた。また、質問が国会での説明責任に及ぶと、「三権分立を君はどう考えているの」と問い返し、「もうちょっと勉強してからまた質問してください」とたしなめる一幕もあった。

・[ニコニコ生放送] 小沢氏が記者をたしなめる部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv66354901?po=news&ref=news#0:16:40

 小沢氏は、資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐって収支報告書に虚偽記載をしたとして、政治資金規正法違反の罪で今年1月に強制起訴された。この「陸山会事件」では、元秘書の石川知裕衆院議員らが一審で有罪判決を受け、控訴している。そのため、小沢氏の公判は石川氏らとの「共謀」があったかどうかが最大の争点となるとされる。

 会見冒頭、小沢氏は「(自身の)主張が含まれている」として、初公判で読み上げた意見陳述を改めて読み上げた。この中で小沢氏は、

「政治資金収支報告書に間違った記載をした事実はなく、したがって政治資金規正法のいう虚偽記載にあたる事実はありません。ましてや私が虚偽記載について共謀したことは断じてありません」

と全面的に無罪を主張。さらに小沢氏は「実質的な犯罪はないと判明した時点で捜査を終結すべきだったと思います」とし、「それなのに1昨年春の西松事件による強制捜査、昨年初めの陸山会事件による強制捜査など、延々と捜査を続けたのは明らかに常軌を逸していると思います」とした上で、

「この捜査はまさに、検察という国家権力機関が政治家小沢一郎個人を標的に行ったものとしか考えようがありません」

と述べ、検察による捜査を「国家権力の乱用だ」との見解を示した。

 小沢氏はまた質疑応答で、国会での説明責任について質問した記者に「三権分立を君はどう考えているの」と問い返し、記者が応じられないでいると「もうちょっと勉強してからまた質問してください」と、強い語調でたしなめた。

■小沢一郎元代表と記者とのやりとり

「頑張ってくれと言う大勢の方もある」

司会: ではまず幹事社のほうからお願いします

テレビ朝日: テレビ幹事社としてまず2点おうかがいします。今日の初公判を終えて現在の心境など、感想をお聞かせください。

小沢一郎氏(以下、小沢): いま申しあげた通り、私の今回の捜査、検察審査会による強制起訴、これはまったくいま申しあげた通り不当な捜査であり、また今日の裁判も一時も止めるべきであると申し上げました。その通りであります。

テレビ朝日: 2点目なのですが、元秘書3人が1審で有罪判決を受けたことを含め、刑事責任とは別に同義的責任を問う声もありますが、ご自身は今後の政治活動をこれまで通り続けるのか。議員辞職や離党についてはどのようにお考えでしょうか。

小沢: いまの文章でもお分かりいただけたと思いますけども、私も私の秘書も有罪と認定されることは何もしていません。この間の判決についても何ら、法的な証拠についても何もない。裁判官が自分の推測と推断で事実を認定し、それに基づいて判決を下すと。前代未聞のことであり、私は司法の自殺に等しいと思っております。従いまして、私どもは何か違法なことをしたというならば、あんたがいま使った言葉のなかのいろいろなことについて考える余地はありますけれども、何も違法なことをしておりませんですから、そのようなことを考えるつもりはまったくありません。

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。