体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブラウザ戦争、HTML5の標準化、ブラウザの未来──歴史を語り尽くすWebブラウザ談義【後編】

「ブラウザ戦争」とは何だったのか

Webブラウザの歴史を辿ると、歴代のブラウザが、技術的にもビジネス的にも激しい覇権競争を繰り広げたことが、結果としてWebの普及を促したことがわかる。

94年12月にリリースされた Netscape Navigatorは順調にバージョンを重ねるが、これに対抗して、Microsoftは95年8月に Internet Explorer(IE)を発表する。後世に第一次ブラウザ戦争として記憶される闘いの幕開けだった。

97年には、Microsoftはその陣営を拡大するため、当時、独自のブラウザを持たなかったAppleと業務提携。IEはMacでも標準ブラウザに昇格する。

一方、Netscape Navigatorは、97年にはメールクライアントやWebページ作成ソフトを含む、統合アプリケーションNetscape Communicatorとしてもリリースされるようになる。

しかしIEのシェア拡大につれ、98年後半にはシェア半分を割るようになった。この中で98年3月に「将来のすべてのバージョンを無償で提供し、コミュニティによって開発と保守を行う」という宣言を行い、ブラウザのオープンソース化の先駆けともなった。

しかし企業買収はインターネットビジネスの常でもあり、Netscape CommunicationsはAOLに買収され、Netscape Communicator5.0の開発は中止された。

第一次ブラウザ戦争は、IEがOSの一機能として搭載され、CSSの処理もNetscapeに先んじていたことなどから、次第にIEの優勢が強まり、2000年ごろにはIEが市場シェアのほぼすべてを獲得することで、第一次ブラウザ戦争は終結した。

▲下農淳司氏(東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構特任研究員)

「ただ、NetscapeのコードはMozillaプロジェクトに移管され、Mozillaブラウザの開発はずっと続いていた。Netscape NavigatorとしてもMozillaブラウザをベースとして新バージョンがリリースされていたし、その技術の系譜はFirefoxとして今も続いている」(下農氏)という事実も押さえておきたい。

この頃のブラウザ開発者たちは、それぞれ独自の拡張仕様を実装することで、機能的差別化を図るという戦略を優先した。

そのため、Web標準とは異なるHTMLレンダリングエンジンが登場することになり、ユーザーに混乱をもたらすことにもなった。相次ぐ独自仕様の拡張は、ブラウザの安定度を低める結果にもつながった。

座談会ではブラウザ開発の年表を行きつ戻りつつ、ザッピングしながら、この間のブラウザ開発者の意図を推し計る議論が続けられた。

実装主義が切り拓いた、HTML5への道

ブラウザ戦争の裏側ではHTMLの標準化作業が進んでいた。
HTMLの標準化作業は当初はIETFで進められていたが、94年にW3Cに設立されると、W3Cは手探りで独自の標準化プロセス運営方針を確立していった。

W3Cで最初に策定された仕様であるHTML3.2でも、次いで策定されたHTML4.0においても、基本コンセプトは、当時の主要ブラウザが独自実装していた機能をできるだけ標準化することで、相互可用性(インターオペラビリティ)を確保することにあった。その目的を突き詰めたのが「実装主義」と呼ばれる標準化プロセス運営ルールである。

実装主義とはW3Cのプロセス運営ルールであるProcess Documentに定められた、「二例以上の独立した相互可用性のある実装事例の存在なしには、標準として認めない」という決まりである。

実際には二例というよりも、多様な企業が実装することで普及可能性が明確に見えてくる仕様のみが標準化プロセスを進んでいく。これにより、仕様提案者は自社以外の多様な企業や個人の実装を促す活動への取り組みを進めることとなり、ニーズに即した仕様が選ばれ、残ることとなる。

このようなメカニズムにより、実装主義は着実な技術革新を促す孵卵器(インキュベーター)になったのである。

▲深見嘉明氏(立教大学大学院ビジネスデザイン研究科特任准教授)

「97年12月にHTML4.0がW3Cより勧告された後にも、DOMとかXMLとかWebFormsの原型とか、20世紀のうちにさまざまな実装の試みがあった。こうした種まきの成果が2004年ごろに一斉に花を開いた。

実際のWebアプリケーションでのユースケースが増加し、普及していったことを実績を踏まえ、実装をベースにした標準仕様開発の提案が勢いを増すこととなった。その流れがWHATWGの設立にもつながっている」と深見嘉明氏は指摘する。

2004年に設立されたWHATWG(Web Hypertext Application Working Group)は、HTMLの開発やその関連技術に興味を持つ人々のコミュニティである。

W3CがHTML4以降はXHTMLへ注力していたため、それとは別にHTMLを発展させていこうと考えたWHATWGによって開発が進められていたWeb Applications 1.0やWeb Forms 2.0といった技術仕様がHTML5の源流となっている。

その後WHATWGとW3Cは共同でHTML5の標準化を進めるようになったが、HTML5仕様をめぐるW3CとWHATWGの間の議論は常に激しいものがあった。

そこにはWebというものについての考え方の基本的な相違があったと指摘するのは、清水智公氏だ。

▲清水智公氏(html5j Web プラットフォーム部)
1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。