ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【求人】ハワイが全力で教師を募集中。年収は最大約700万円!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ハワイは現在、深刻な「教師不足」に直面しているそうです。南の国で働けるなんて最高!とはいえ、一体どんなお仕事なのでしょうか?

年収最大6万ドル

ハワイ州教育省」によると、とくに需要が高いのは、特別支援教室や高校の数学、化学の担当職員。学士の資格と州の教育プログラムを終了していることが条件。ですが、そのぶんサラリーは35,324ドル(約390万円)から63,665(約690万円)ドルほどとなかなかの高給です!郊外勤務の場合は、3,000ドル(約33万円)の手当も。

南の国でこれだけ好条件の仕事があるなんて、今スグ働きたくなるでしょう?でもちょっと待って、もちろんそこには理由も。

アメリカ全体で人材が不足中

9月に始まる新学期に向けて1,600人の教師を必要としているハワイ。その理由は、ベビーブーム世代が引退してしまうことも関係しています。また、アメリカ経済が好調ということもあり、人員不足は他の州でも同じこと。つまり人材の取り合いが起きてしまっているというわけ。

とくにハワイでは、せっかくトレーニングを終えた教師も、その40%が5年以内にアメリカ本土に帰ってしまうそう。これについて「Hawaii News Now」は、生活費の高騰や立地の悪さを指摘。人里離れた島やワイキキから48km離れたリゾート地、リーワード・コーストなどではとくに顕著で、そのために郊外手当が出るんだとか。

4年前にハワイに移住し、「Mililani High School」でカウンセラーをしているAndrew Satanapongさんはインタビューにコメントしています。

外国人でも関係ない!
やる気のある教員を募集中。

「海外からとか、地元育ちかどうかは関係ない。情熱を傾け、人生をかけて時間と努力を費やせるかが大切だと思う」。

長い目で取り組んでいる人を募集しているようですね。米国で就業できる資格を持っていなければなりませんが、興味のある人は挑戦してみては?

その他の詳しい応募条件については、ハワイ州教育省webサイト内にある「よくある質問」から確認できます。

Reference:Hawaii State Department of Education,Hawaii News Now
Licensed material used with permission by NextShark

関連記事リンク(外部サイト)

波に飲まれた、母と2歳の子どもを救出した男性。正体はなんと・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP