ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei、最新フラッグシップのカメラがライカ製ではないという指摘に対して声明を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei は今年 2 月に老舗カメラメーカーのライカとスマートフォンフォトグラフィーの分野で長期的なパートナーシップを締結し、今月 9 日にはその成果となるライカ認定カメラを搭載した新フラッグシップスマートフォン「Huawei P9」を発表しました。しかし、その後の報道で Huawei P9 のカメラモジュールがライカ製ではないとい中国メディアによって指摘されており、そのことについて、両社は連名で声明が発表されました。Huawei P9 には “ライカ認定カメラ” が搭載されていることもあり、背面にはライカのロゴマークがプリントされています。それを見た人の中にはカメラモジュールはライカ製だと勘違いしている人もおり、このような話が大きく取り上げられています。両社は声明の中で、ライカは Huawei P9 のカメラモジュールの開発に深く関わっていたと述べ、どのような点で開発に関わったのかを紹介していました。具体的に、ライカは機械的な部分、光学的な部分、画像処理、画質の面で “ライカ基準” を適用しており、この基準に沿って開発されているそうです。声明の中でカメラモジュールの製造元などは明らかにされていませんが、ただ名前を借りただけ、ということではなさそうです。Source : Reddit

■関連記事
MicrosoftのAndroid向け翻訳アプリ「MS Translator」が画像翻訳に対応、Android 6.0以上ではシステムに統合
Acer、5,000mAhバッテリーを搭載した5.5インチスマートフォン「Liquid Zest Plus」を発表
Quick Charge 3.0はUSB Type-Cの仕様に非準拠、USB Type-Cマニアのグーグラーがこのことを理由にHTC 10とLG G5を推奨しないと発言

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP