ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画アマルフィの舞台になったスペイン「アンダルシア地方」5都市の魅力

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
映画アマルフィの舞台になったスペイン「アンダルシア地方」5都市の魅力

フラメンコ、闘牛が有名な情熱の国といえば、スペイン!

そんなスペインの中でも、南部のアンダルシア地方は、フラメンコや闘牛が盛んな、いわば「スペインらしいスペイン」なのです。

温暖な気候で、冬でもあまり寒くならないので過ごしやすく、ヨーロッパ各地、そして世界中から多くの観光客が訪れます。

歴史的な建造物も多く、スペインの歴史の中に残るイスラム文化を色濃く反映する建築物が見られたりなど、見所満載のアンダルシア地方。

では、早速その魅力を詳しく紐解いていきましょう。

 

日本からのアクセス

Zoe Olvera-Propertiesさん(@olveraproperties)が投稿した写真 – 2016 4月 18 2:25午後 PDT

残念ながら、日本からスペインへの直行便はありません。ですから、日本または欧州系の航空会社を利用し、到着空港からスペインへと向かうのが良いでしょう。

欧州の航空会社を利用してヨーロッパの各都市を経由し、アンダルシア第二の都市「マラガ」へと向かうのがオススメです。

アンダルシア地方に行きたいなら、スペインの首都マドリッドから電車やバスで移動するよりも、マラガまで飛行機で行ってしまう方が楽で良いでしょう。

 

服装と気候

shutterstock_262097816

photo by shutterstock

アンダルシア地方の街は、夏がとても暑いです。なんと夏の気温は40度にもなるそうですが、日本のように湿度がなく乾燥しているので、日陰に入れば涼しいです。

ですが日射しは厳しいので、きちんと日焼け対策をしましょう。6月には時期は短いながら美しいひまわりが咲き誇ります。

アンダルシア地方の冬は比較的温暖で、降水量が多いです。ただし山間部のグラナダは、スキーができるくらい寒くなるので、冬に旅行に行く際も防寒着は忘れないようにしてください。

 

セビリア

BONNIELYKKEさん(@bonnielykke)が投稿した写真 – 2016 4月 19 2:17午前 PDT

世界遺産となったスペイン最大のカテドラルや、同じく世界遺産である、イスラム教徒によって建てられたヒラルダの塔が有名な歴史のある街「セビリア」。

フラメンコの本場でもあり、また闘牛も盛んに行われているので、日本人がイメージする「スペインらしい街」と言えるでしょう。

夏は酷暑で辛いですが、冬は平均気温10度と温暖なので、寒い冬の休養としてセビリアを訪れるのもオススメです。

 

コルドバ

Ashley Yvonne Photographyさん(@ashley_yvonne)が投稿した写真 – 2014 11月 12 4:54午前 PST

コルドバはその昔、イスラム文化の中心として栄えました。10世紀ごろまでは、約100万人もの人々が暮らす大都市だったといいます。

コルドバ観光の最大の見所といえば、イスラム文化とキリスト教の建築様式が混在している建築物「メスキータ」です。

その他に、ユダヤ人街の外れにあるシナゴーグや、要塞として建てられ現在は宮殿となったアルカサルなどがあります。

 

ミハス

James Boydさん(@theonlyjesusduck)が投稿した写真 – 2016 4月 15 3:45午前 PDT

アンダルシア地方には、強い日射しを跳ね返すために、壁などを白く塗った建造物が多く存在します。

こちらの「ミハス」という街も、白い壁の村の代表的なものの1つ。マラガからバスで1時間ほどの場所にあります。

ミハスは小さな村なので、徒歩1時間ほどで簡単に散策できます。青い空に白い家々が映え、なんとも美しい情緒あふれる風景を作り出しています。

 

マラガ

Javi Alonsoさん(@lumpyneapple)が投稿した写真 – 2016 4月 16 6:49午前 PDT

スペインの有名な画家といえば、やはりピカソですね。そのピカソの生誕の地こそが、この「マラガ」なのです。

地中海に面したリゾート地で、特に夏のバケーションシーズンには、ヨーロッパ中から観光客が集まります。ヨーロッパ各国から直行便があり、とてもアクセスが良いです。

 

ヘレス・デ・ラ・ フロンテーラ

Gembotさん(@my_open_eyes)が投稿した写真 – 2016 4月 6 1:23午後 PDT

アンダルシア州都『セビリア』から電車で一時間ほど南に下ったところにあるのは、『ヘレス・デ・ラ・ フロンテーラ』という小さい街です。

スペインを何度か訪れた人でも知らない人が多いというこの街は、シェリー酒、そして上質な馬の産地と有名です。

毎年2月末から3月にかけて、フラメンコ・フェルティバルが開かれます。

 

ひと味違った魅力があるアンダルシア地方

アンダルシア地方は、スペインの中でも情熱的で一番「スペインらしい」場所と言われているだけあり、どの街にもそれぞれ魅力がいっぱいあります。

スペイン旅行に行く際は、アンダルシア地方まで足を伸ばして、その魅力を肌で感じてみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

価格もフライトも満足の旅を!ピーチを使いこなすために知っておきたいこと5つ
往復8,9万〜ニュージーランド航空が割引セール開催中!明日2月10日まで!
見どころいっぱいのハノイ!限られた時間で行くべき観光スポット
訪日旅行者だけでなく日本人にもオススメの東京のオススメ観光スポット10選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。