ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『バイキング』出演者が続々降板 下品過ぎる打ち上げも影響か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送開始から2年間で31人のレギュラーが降板しているフジテレビ系お昼の情報番組『バイキング』。『笑っていいとも』の後継番組として期待されたが、視聴率は2~3%台を推移しており、成功しているとはいいがたい。そんな同番組をめぐっては、生放送の前後にメインMC坂上忍(48才)が酒盛りをしているとのことで、それに付き合わされるスタッフや出演者が迷惑をこうむっているとの話もある。

 その酒盛りによく呼ばれていたのがEXILEのNAOTO(32才)だという。礼儀正しく体育会系のNAOTOは芸能界の先輩の誘いを断ることはなかったが、「こんなことでいいのか?」と悩んでいたとの証言も。

 そして今年3月末、NAOTOは降板。さらに、関口メンディー(25才)とE-girlsのAmi(27才)という、EXILEと同じ事務所の2人も降板となった。

 なぜ3人同時に──取材を進めると、レギュラー陣の降板にかかわる、ある“事件”に行きついた。

 昨年9月、東京・六本木の某居酒屋で『バイキング』の中打ち上げが開かれた。放送開始から1年半、坂上が主体となり、スタッフ全員の労をねぎらうための宴会だった。参加者は全レギュラー陣と番組スタッフ。総勢100人を超える大宴会はしかし、和やかな雰囲気から一転、遺恨を残す会となったという。

「男性スタッフたちがどんどん脱がされていったんです。いい大人が下着まで下ろして丸裸に。みんな手で隠していましたが…。あまりに度を越した状況に女性陣はドン引き。会場の片隅にいた江角マキコさん(49才)やいとうまい子さん(51才)は無言になっていたし、男性出演者も呆れ顔でした。なのに、坂上さんは脱いだ彼らを見て大笑いしているだけ。これほど下品な打ち上げは初めてでした。“表沙汰になったら問題になる”と青ざめているスタッフもいました」(参加者の1人)

 中には宴会に嫌気がさし、途中で帰宅した出演者もいたという。この日以来、レギュラー陣の中に一層不穏な空気が漂い始めた。

「番組に出続けていいんだろうか、と。低視聴率に加えて坂上さんの言動、飲み会を開けばあの有様です。一部出演者の事務所の中には、打ち上げ時の乱痴気騒ぎに激怒している人もいましたからね」(芸能関係者)

 直後の10月にすみれ(25才)が降板し、12月には江角、美保純(55才)が去った。

「残ったEXILEのメンバーたちも悩んでいたようです。彼らがHIROさん(46才)や先輩から学んできたのは、目上の人を立てることだけじゃない。下の人間を育てることや、自分たちのパフォーマンスを通じてファンを幸せにすることです。

 果たして『バイキング』の出演がそこにリンクしているのか。彼らは事務所とスタッフに相談し、結果、番組を降りることを決めました。坂上さん、ひいては番組のやり方に“NO”を突きつけたのです」(前出・芸能関係者)

 一連の降板劇についてフジテレビに質問したが、「そのような事実はございません」との回答だった。だが、以前同番組にレギュラー出演していたあるタレントの所属事務所幹部は、女性セブンの取材にこう話す。

「降板には制作サイドの要望やタイミングなどさまざまな事情がありますが、坂上さんの言動を含め、番組の方向性に疑問があったことは事実です」

 あるフジテレビ関係者が嘆息する。

「全ての原因は“『いいとも!』の後釜”である点に尽きるんです。プレッシャーが大きすぎてメインMCを誰もやりたがらない。坂上さんも最初はオファーを断っています。制作幹部が何度も足を運んで頭を下げ、その熱意に負けて引き受けた経緯がある。

 この時点で、歪な力関係ができあがってしまった。平身低頭してMCをお願いした以上、局側は彼に何も言うことができないんです。ビッグ3(明石家さんま、ビートたけし、タモリ)に比べれば格下の坂上さんですが、局からすれば、『いいとも!』の後番組を成立させてくれた時点で最大の功労者。しかも大御所に比べればギャラも格段に安い。制作陣の“坂上様”という空気が、結果的に彼を裸の王様にしてしまったのですから、坂上さんも被害者というか…。局の責任はあまりに大きい」

 現在、レギュラー番組10本を超える坂上。NAOTOの降板には「あ~あ、行っちゃうのか」と寂しそうにつぶやいていた。

※女性セブン2016年5月5日号

【関連記事】
2年間で31人降板のバイキング 坂上忍の酒盛りも原因か
顎関節症から復帰の日テレ宮崎アナ 妙なところで評価あがる
江角マキコ 『バイキング』本番前の坂上忍酒盛りに参加せず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP