ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

谷原章介 「僕らの商売は霞を掴むようなもの」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年で10年目を迎える情報番組『王様のブランチ』(TBS系)をはじめ、クイズ番組『パネルクイズ アタック25』(朝日放送・テレビ朝日系)、『きょうの料理』(NHK)など長寿番組の司会でも存在感を示す谷原章介は、4月からは新たに音楽番組『うたコン』(NHK)の司会を務める。

 そんな谷原は今、連日のように主演ドラマ『ドクター調査班』の撮影に臨んでいる。4番組で司会、子育て(谷原は6児の父)、と多忙な中での撮影だが、役者・谷原章介は、どこかでその忙しさを楽しんでいる。

「今日も朝イチでドラマ撮影に臨んだ後、家族との買い物を済ませて、その足で午後からの撮影に駆けつけました。睡眠時間ですか? 昨日は2時間ですね(笑い)」

 楽しんでいる、というのは語弊があるかもしれない。気遣いの人・谷原は、主役=座長である自分が辛そうにしていては、現場の空気が悪くなると考えているのだ。ドラマの撮影で意識していることは何かと問うと、谷原からは「共演者が気持ちよく演技できるよう場を整えることですね」という答えが返ってきた。

 撮影のちょっとした合間、谷原は共演者の誰もが会話に入れるように、食べ物の話題や旅行の話など、ネタを自分から振っていく。自然と笑いが起こり、現場には和やかな空気が漂う。監督だけでなく、カメラや照明……、スタッフに一番声をかけているのは、やはり谷原だ。

「チームですから一緒にやっている人が変に我慢していたり、言えないことを抱えて仕事に臨むようならフォローして改善していきたい。気遣いというより自分にとってやりやすい環境を作っているといいますか(笑い)」

 もちろん、「楽しい現場づくり」が目的ではない。ゴールはあくまで、「いい作品」だ。

「役作りには、技術的な役作りと内面の役作りがあります。このドラマならば、医学用語やオペの手技など学ぶことは多い。でもそれはあくまで外面。準備すれば何とかなります。でも内面は難しい。いつまで経っても役を掴めない時があるし、逆にふっと掴める時もある。僕らのやっている商売は霞を掴むようなもので、いくら準備をちゃんとしても、何か魅力を発揮できなければ意味がない。だからこそ演技は面白いんですけどね」

「よぉい、スタート」。撮影開始の声がかかる。現場には一気に緊張が走る。カメラの向こうには、司会で見せるいつもの爽やかな笑顔はなかった。心に闇を抱え、苦悩する男――そこにいるのは、紛れもなく、役になりきっている俳優・谷原章介の姿だ。

【プロフィール】たにはら・しょうすけ/1972年、神奈川県出身。身長183cm。雑誌『メンズノンノ』の専属モデルを経て、1995年に俳優デビュー。2007年より『王様のブランチ』の司会者に。今月12日からは司会を務める新番組『うたコン』がスタート。22日には主演ドラマ『ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~』も始まる。

■撮影/国府田利光 ■取材・文/角山祥道

※週刊ポスト2016年4月29日号

【関連記事】
篠原涼子、吉瀬美智子、鈴木砂羽、谷原章介、江口洋介が集結
下積み長かった谷原章介 鼻っ柱折られた結果培った「気遣い」
前田敦子と広末涼子、谷原章介と石田純一は恋愛事情で共演NG?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP