ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

森高の父、くりぃむ上田晋也の母が振り返る熊本地震の恐怖

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 熊本地震の被災者の中には芸能人の家族もいた。

「言葉になりません。どうかもう被害がこれ以上ひどくなりませんように」

 4月15日、震災直後にまっ先に公式HPにそう綴ったのは森高千里(47才)。彼女の実家は熊本市内。女性セブンが訪れると、森高の父親が対応した。

「断水しとってな。風呂も入れん。揺れたなんてもんじゃないよ。千里が心配して、何度も連絡が来てる。妻がよう話してますよ」

 森高の実家から南に5kmほどの所に『くりぃむしちゅー』の上田晋也(45才)の実家がある。16日未明の本震で震度6強を観測した同地。上田の母親は恐怖の瞬間を振り返る。

「もう寝ようと思って2階のベッドに入った時です。ドカンと来て。2分後には晋也からLINEが来た。“すぐに東京に来て!”って言ってくれたんだけど、空港も閉鎖されてるし…。水はチョロチョロ出るんでなんとかなるんだけど、買い出しがね。スーパー行ってもなんも売ってないんです」

 熊本市出身のスザンヌ(29才)も実家の損壊をブログで報告し、被災者への支援を求めている。

 18日には、同市出身の高良健吾(28才)がプライベートで被災地入りしていたことが判明。避難所で給水作業に精を出した。

 現在、芸能界では藤原紀香(43才)や市川海老蔵(38才)ら数多の人がSNSを通じて支援を呼びかけている。

※女性セブン2016年5月5日号

【関連記事】
43才にして美脚を持つ森高千里 秘訣は30分以上ひたすら泳ぐ
江口洋介と森高千里 人気カフェで人目気にせずラブラブデート
全国行列のできるラーメン店リスト 福岡には2.5時間の店も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP