ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中居正広 復興支援公演で前向きになりメーンの新番組構想も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SMAPの解散騒動から3か月が過ぎた。だが、騒動が一段落した後も、一度壊れた関係の修復は容易でないと囁かれ、今も《事務所との契約が切れる9月にSMAPは解散する》《『スマスマ』が打ち切られ、嵐と関ジャニ∞の新番組になる》など、ネガティブな報道が続いている。

「木村拓哉さんと4人のメンバーの間にしこりが残っているといいます。『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)でも過去に収録した放送が続きました。実際の収録現場でも、木村さんと他のメンバーはほとんど会話がないそうです。スタジオには一般観覧者を入れていませんし、収録はメンバーとスタッフのみ。通常なら観覧を許されるテレビ雑誌の取材陣も立ち入れない厳戒態勢が続いています」(フジテレビ関係者)

 しかし、騒動直後は抜け殻のようだったというリーダー・中居正広(43才)に最近変化が起きていた。

「騒動後しばらくは、勉強熱心な中居さんが台本に目を通してないんじゃないかというようなことがあったり、仕事が手につかない様子でしたが、最近はものすごく前向きです。前以上に仕事への意欲を感じるほど。

 きっかけは3月に福島で行われた復興支援公演。直接ファンに触れ合い、心を動かされたそうです。責任感の強い人なので、“おれが中心になってSMAPを立て直そう”という覚悟を決めたんでしょう。そのためにはリーダーの自分が揉め事の中心にいてはいけないと、改めて事務所の社長やスタッフと話し合ったそうですよ」(芸能関係者)

 騒動は過去のものとしてケジメをつけ、中居は新たなスタートを切っていた。

「『雨降って地固まる』といいますか、今は事務所との関係も良好で、近くキー局で中居さんがメーンの新番組の構想もあるそうですよ。もともと、彼はタモリさんや鶴瓶さんなど大物からも絶大な信頼を置かれている。さらに事務所も“中居バックアップ”の体制で、最強の“中居時代”が到来しそうです」(前出・テレビ関係者)

※女性セブン2016年5月5日号

【関連記事】
中居正広 事務所の派閥超えた奇跡の共演曲を選んだワケ
SAPIO大好評連載・業田良家氏4コママンガ 「謝罪会見」
金スマで高級寿司150人分差し入れの中居正広 収録では緊張

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP