ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

牡羊座の上司からのメールは即レスが吉! 職場の人間関係に役立つ「星座別攻略法」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

新年度がスタートし、転職や部署異動など、大なり小なり変化があったという方は多いのではないでしょうか。慣れない環境や新しい人間関係のなかで、まだまだ自分の意見を言いにくかったり、上司や同僚などの考えが読めなかったり、知らない間に気を使いすぎて、帰宅するとグッタリ……。こんな状態を放っておくと、五月病や六月病になってしまう可能性も!

そんなときに、職場のコミュニケーションを円滑にするのが「12星座」です。実は12星座それぞれに、性格の特徴が出ることがあるのが関係しています。つまり、星座を知ることが相手や自分を知ることにもつながり、これが人間関係をよくするヒントになるのです。

「それぞれの星座のもつ特徴をとおして、人間は一人ひとり違うということを改めて意識するだけで、人間関係のストレスはおおいに減ります。それだけでなく、他人にもっと興味を持ったり、自分自身に愛着がわいてくることもありますよ」

こう述べるのは、『マンガ おもしろいほどよく当たる! 12星座あるある』(水口めい漫画、アスコム刊)の監修を務めた占い師・キャメレオン竹田さん、テレビや女性誌、LINE占いなどでも大人気のキャメレオン竹田さんに、職場の人間関係に役立つ「星座別攻略法」を教えてもらいました。

●牡羊座
スピード重視の牡羊座には、結論から伝えてあげるといいでしょう。SNSやメールも即レスすると喜ばれます。言いたいことをはっきり言いますが、ネチネチしていません。

●牡牛座
12星座の中でもプレゼントされるのを喜びますので、お土産やちょっとした贈り物をするといいでしょう。ただし、五感が鋭いので、贈る物のクオリティにはこだわって。

●双子座
マンネリが嫌いで、好奇心旺盛なので、面白い情報を教えてあげると喜びます。頭の回転は速いのですが、忘れっぽかったり、勘違いも多いので、そこは軽く受け流して。

●蟹座
男女ともに母性の要素が強く、かわいく甘えられるのに弱い星座。仲間意識が強いので、まずは心を開いてもらうことが先決。蟹座の家族や仲間を大切にしてあげると喜びます。

●獅子座
獅子座がつくったものをオーバーに褒めたり、誕生日を祝ってあげたり、「あなたに注目してるよ」とばかりに尊重してあげると喜びます。トークの際はあいづちを多めにしてみて。

●乙女座
周囲をフォローしたり、人の役に立つことを至上としている乙女座ですが、実はかまってちゃんも多い。頑張っている姿をねぎらったり、感謝したり、差し入れをすると喜びます。

●天秤座
外見を褒められるのが大好きなので、服やメイク、仕事の進め方などのセンスを褒めるとテンションUP。何か頼みごとをする際は、1対1のシチュエーションに持ち込んで。

●蠍座
一度信頼関係が築ければ、大きな味方になってくれる存在。洞察力が深いので、ちょっとした誤解によって怒りを爆発……となりかねないので、小出しに悩みを吐き出させましょう。

●射手座
束縛されるのを嫌うので、できるだけ自由に動き回れる環境をつくってあげると才能が伸びます。大ざっぱなところがあるので、乙女座などにフォローしてもらうのがGOOD。

●山羊座
損得勘定で動く合理主義なので、メリットを感じない物事や無駄な行動を好みません。また、自己管理ができなくてだらしない人も嫌うので、TPOを意識した行動や格好を心がけて。

●水瓶座
天然で“ツンデレ”。普通じゃないことに自負を持っているので、その人の個性的で斬新な部分を尊敬してみせると喜びます。ただし、上下関係は苦手なのでフラットに接してみて。

●魚座
甘えん坊で愛嬌があります。頼まれごとに弱く、「NO」といえない優しい性格。妄想や夢物語を口にしがちですが、話の腰を折らず、聞いてあげて。結論をせかさないのも大事です。

いかがですか? 相手のクセがあらかじめわかっているだけで、心にちょっぴり余裕が生まれるはず。さっそく周囲の人に「○○さんって何座なんですか?」と聞いてみましょう。時間や社則に異常に厳しい上司は、ひょっとしたら山羊座だからかもしれません。行動は早いけれどケアレスミスの多い後輩は、牡羊座かも。何を考えているかわからない、マイペース過ぎる同僚は牡牛座の可能性があります。

星座の話をきっかけに仲良くなることもありますから、ぜひ「星座あるある」で盛り上がりましょう!

(新刊JP編集部)

【関連記事】 元記事はこちら
ユニークで変わっているけれど実は常識人? 水瓶座の特徴
どうして人々は血液型診断にとらわれてしまうのか?
「元彼からもらったプレゼント、どうすればいい?」 人気占星術研究家の答えは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP