体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

親子で楽しめる!仕事体験テーマパーク「カンドゥー」に行ってきた【前編】

親子で楽しめる!仕事体験テーマパーク「カンドゥー」に行ってきた【前編】 カンドゥー

こんにちは、2児の母をしながらイラストレーターをしている佐々木千絵です。

最近子どもたちと一緒におでかけしてないな〜と思っていた私に突然、

「カンドゥーの魅力を取材してきてください!子連れで!」

と、じゃらん編集部のSさんから連絡が。

お、これはナイスタイミング!だけど「カンドゥー…」って何だ?

「カンドゥー…」

調べてみるとそれは、イオンモール幕張新都心にある「子どもの仕事体験テーマパーク」のことでした。なにやら楽しそうな雰囲気が漂うホームページにワクワクが抑えきれず、小学6年生(以下娘1)と3年生(以下娘2)の娘を連れて、イオンモール幕張新都心まで車を走らせることに。

荷物あっても心配無用!一家に一つ専用座席を確保

イオンモール幕張新都心のファミリーモール3階にあるカンドゥーに到着。

まず目を引くのは、

「え!?本物?」

カンドゥー

一瞬、滑走路に迷い込んだのかと錯覚するようなJAL旅客機のお出迎えに、

大興奮な娘たち。(40歳の私も静かに興奮)

「早く入りたい!」焦る娘たちをなだめつつ入場すると、

まず、市民カードが入った首から下げられるお財布と、

擬似通貨10000カッチン(通貨単位)が渡されます。

※期間限定の財布は、好評により終了しました

カンドゥー

カンドゥーの仕事体験は時間が全て決まっており、当日予約制。

その場で子どもたちが予約するのですが、自分の番が回ってくるまでの空いた時間も

カンドゥーの街を楽しめるように、最初に10000カッチンを貰えるのです。

なんとも粋なはからい!

カンドゥー

中へ進むとそこには大きな鍵穴が…

カンドゥー

じゃじゃーん。

おおお!なんか、もうすでに楽しい!(笑)

全部で6つのゾーンで構成された賑やかな空間。その周りにはベニューと呼ばれる仕事体験を行う部屋がズラリと並んでいます。

そして、そのゾーンごとに用意されたたくさんの座席。

実は、入場した時点で座席が確保される仕組みなんです!!

おむつ、ミルク、着替え、ビデオ、水筒、まだ遊べない乳飲み子の妹弟…

子連れおでかけはとにかく行商のごとく大荷物。

それを持って子どもの手を引いてカメラを構えて、って想像だけでゲンナリ。

カンドゥー

そんな中、座席が確保されているのは涙が出るほどありがたいこと!!

さらに、カンドゥーの街はワンフロアで完結。

ぐるっと見渡せるので「うちの子どこいった!?」なんて焦ることも少なそうだし、広すぎて攻略できないのに疲れる…なんてこともなさそう。

段差もほとんどないので、ベビーカーや車いすでも遊びに来られます。(ただし、キャラクターもののベビーカー、イオンモールのキャラクターカートは禁止)

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。