ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

親子で楽しめる!仕事体験テーマパーク「カンドゥー」に行ってきた【前編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、2児の母をしながらイラストレーターをしている佐々木千絵です。

最近子どもたちと一緒におでかけしてないな〜と思っていた私に突然、

「カンドゥーの魅力を取材してきてください!子連れで!」

と、じゃらん編集部のSさんから連絡が。

お、これはナイスタイミング!だけど「カンドゥー…」って何だ?

「カンドゥー…」

調べてみるとそれは、イオンモール幕張新都心にある「子どもの仕事体験テーマパーク」のことでした。なにやら楽しそうな雰囲気が漂うホームページにワクワクが抑えきれず、小学6年生(以下娘1)と3年生(以下娘2)の娘を連れて、イオンモール幕張新都心まで車を走らせることに。

荷物あっても心配無用!一家に一つ専用座席を確保

イオンモール幕張新都心のファミリーモール3階にあるカンドゥーに到着。

まず目を引くのは、

「え!?本物?」

一瞬、滑走路に迷い込んだのかと錯覚するようなJAL旅客機のお出迎えに、

大興奮な娘たち。(40歳の私も静かに興奮)

「早く入りたい!」焦る娘たちをなだめつつ入場すると、

まず、市民カードが入った首から下げられるお財布と、

擬似通貨10000カッチン(通貨単位)が渡されます。

※期間限定の財布は、好評により終了しました

カンドゥーの仕事体験は時間が全て決まっており、当日予約制。

その場で子どもたちが予約するのですが、自分の番が回ってくるまでの空いた時間も

カンドゥーの街を楽しめるように、最初に10000カッチンを貰えるのです。

なんとも粋なはからい!

中へ進むとそこには大きな鍵穴が…

じゃじゃーん。

おおお!なんか、もうすでに楽しい!(笑)

全部で6つのゾーンで構成された賑やかな空間。その周りにはベニューと呼ばれる仕事体験を行う部屋がズラリと並んでいます。

そして、そのゾーンごとに用意されたたくさんの座席。

実は、入場した時点で座席が確保される仕組みなんです!!

おむつ、ミルク、着替え、ビデオ、水筒、まだ遊べない乳飲み子の妹弟…

子連れおでかけはとにかく行商のごとく大荷物。

それを持って子どもの手を引いてカメラを構えて、って想像だけでゲンナリ。

そんな中、座席が確保されているのは涙が出るほどありがたいこと!!

さらに、カンドゥーの街はワンフロアで完結。

ぐるっと見渡せるので「うちの子どこいった!?」なんて焦ることも少なそうだし、広すぎて攻略できないのに疲れる…なんてこともなさそう。

段差もほとんどないので、ベビーカーや車いすでも遊びに来られます。(ただし、キャラクターもののベビーカー、イオンモールのキャラクターカートは禁止)

子連れテーマパークの平和な空気にくつろいでいると、

物々しい集団が真横を通り過ぎることも。

「え?何何?事件!?」

と一瞬びっくりするも、見るとなんとちびっこポリスたちがお仕事中。

カンドゥーの街の安全・安心をゆるがす事件を起こした犯人を、

トランシーバーを使い、みんなで逮捕するのです。

さらに目の前に見慣れた緑の制服が!?

「これはちびっこクロネコヤマトさん!」

あ、そうか、私はもうカンドゥーという街にいるんだった。

すっかり気持ちのスイッチが切り替わったのでした。

さて、我々も着てきた上着をドサっと座席に置き、

貴重品とスマホとワクワクしたはやる気持ちを持って早速、仕事体験を開始!!

衣装に演出に、本格的な仕事体験に大人だってワクワク

カンドゥーの仕事体験アクティビティは現在約30種類。

「築地銀だこ」でたこ焼屋さん、「コールド・ストーン・クリーマリー」でオリジナルアイスが作れる食べ物系の仕事体験や、助産師、救命救急士などなど医療系の仕事、ヘアースタイリスト、モデルなど美容系までもう片っ端から体験したい(させたい!)ものばかり。

全てのアクティビティは予約が優先。各ベニュー(仕事部屋)前の予約機で

空いている時間に予約を入れましょう。

入場時にもらった市民カードをかざし、タッチパネルに従い予約。

一度予約したら一定時間空けないと、次の予約が取れない仕組み。

仕事体験中も予約が取れないので、まず確実にやりたい仕事を予約して、あとは混雑具合や休憩タイムを考えながら入れていくのがいいかも。

街の数カ所には予約確認機もあるので、あっちこっち行かずに作戦を練ることもできる!

私たちはまず

JAXA(宇宙航空研究開発機構)全面協力

「カンドゥー・スペースセンター」にチャレンジ!

一歩踏み入れるだけでその気になっちゃう、宇宙っぽいエントランス。

衣装が凝っててテンションあがる~(親も)!!

同じ時間に予約した子たちと管制室へ。

なんとここでのお仕事は、HⅡ-Bロケットを国際宇宙ステーションへ打ち上げるという重大ミッション!!

リアリティのある管制室に本当にドキドキしてる娘たち。

いいねいいね。

本物の映像が使われているので子どもだまし~という気持ちもなく、

親も真剣に見守ります。国の威信がかかってるしね!!

スタッフがそれぞれ国際宇宙ステーションとの交信方法や機材の使い方を丁寧に指導してくれ、全員で力を合わせて

3,2,1発射!!

たくさんの煙をあげ、無事ロケットが軌道に乗りました。

ガラス越しに見る大人たちもホッと胸をなでおろし、、、(てるはず)ミッション完了。

仕事が終わると初めてのお給料。16000カッチンがもらえます。

ちなみに、JAXAのスペースセンタークルーは、写真入りのIDカードがもらえたよ!

娘1、娘2共に結構緊張したよう。

「難しくはなかったけど覚えることがあって、達成感がかなりあった!」と言っていました。

さて、無事ロケットを打ち上げたところで、この続きは後編で紹介したいと思います!

次回は、女の子の憧れ「モデル」になってランウェイを歩いちゃったり、オリジナルのペンを作っちゃったりしますよ!お楽しみに~。

親子で楽しめる!仕事体験テーマパーク「カンドゥー」に行ってきた(後編)に続く Kandu(カンドゥー)

TEL/057-085-117

住所/千葉県千葉市美浜区豊砂1-5イオンモール幕張新都心ファミリーモール3F

料金/〈ハイシーズン〉土日祝日、春、夏、冬休み、およびカンドゥーが定める日

第1部(10時~14時30分)

第2部(15時30分~20時)

3歳~15歳:3900円(食事用金券500円含む)

16歳以上:2500円(食事用金券500円含む)

55歳以上:1000円(食事用金券500円含む)

〈ローシーズン〉ハイシーズン以外の日

第1部(10時~14時30分)

第2部(15時30分~20時)

3歳~15歳:3200円(食事用金券500円含む)

16歳以上:2500円(食事用金券500円含む)

55歳以上:1000円(食事用金券500円含む)

*平日でもハイシーズン料金・営業時間が適用される場合があります。

*入場料・営業時間は、予告なく変更することがあります。

〈シニア料金について〉

シニアチケットを Web でご購入される方は、一旦大人料金でご購入いただく必要があります。入場当日、エントランスにてQRコード (二次元バーコード) が入ったチケット購入確認メールと年齢を証明できる公的書類などをご提示ください。差額分をご返金させていただきます。

駐車場/7300台(イオンモール幕張新都心、6時間まで無料)

「カンドゥー」の詳細はこちら

「カンドゥー」料金の詳細はこちら

※仕事体験の内容は、変更になる場合がございます。予めご了承ください。

この記事は、2016年3月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

じゃらんnetユーザーが選んだ人気温泉地ランキング【関東・甲信越編】
子連れ旅行、ママが気になる宿ポイントを編集部がチェックしました!
東京ディズニーシー15周年!これだけは絶対に外せない9ステップ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP