体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅先でしか出会えない絶景!子連れにおすすめな関東の大自然観光スポット11選【花畑・絶景編】

旅先でしか出会えない絶景!子連れにおすすめな関東の大自然観光スポット11選【花畑・絶景編】 旅先でしか出会えない絶景!子連れにおすすめな関東の大自然観光スポット11選【花畑・絶景編】

暖かくなってきたこの季節。お子様連れて、ちょっと遠くにおでかけしたくなりますよね。せっかくの旅行だから、パパ・ママもリフレッシュして欲しい!!

そこでおすすめするのが大自然観光スポットです。

そして、旅先で出会う風景に一喜一憂するお子様の姿、成長記録も兼ねて表情を記念にのこしたいもの。

ここではパパカメラマン「久保田敦さん」が最高の一枚を残すコツを伝授します!

フォトジェニックな観光スポットで自慢したくなる素敵な一枚を撮りに行きませんか? カメラマン・久保田の撮影ワンポイント

フォトグラファー 久保田敦

旅行雑誌を中心に鉄道、宿、料理、人物など幅広いジャンルの写真を撮影。二児の父で子どもの撮影はお手の物。 〜花畑〜

青、黄、桃…花々が織りなす鮮やかショット。

見渡す限り咲く色鮮やかな花々がつくるのは天国のように美しく、あでやかな情景。花の香りと色に包まれたとびきりの笑顔やかわいい仕草を印象的な一枚に残そう。 カメラマン・久保田の撮影ワンポイント 花を背景に人物を手前にすると迫力に欠ける写真になりがち。花と花の間に人物を立たせ手前をぼかせば、プロっぽい一枚に。柔らかい雰囲気を演出する望遠レンズで撮影するのもおすすめ。

1.国営ひたち海浜公園【茨城県ひたちなか市】

空や海と溶け合う花畑で、

春気分いっぱいの空色フォトを。

国営ひたち海浜公園 ネモフィラ みはらしの丘一帯を空色に染めるネモフィラは、春の風物詩 国営ひたち海浜公園 チューリップ 4月はチューリップも見頃♪

見頃時期:4月下旬~5月中旬

春の空を映したようなネモフィラの丘は圧巻!4月は色とりどりのチューリップや菜の花も見頃を迎える。観覧車など乳児OKの遊具や大草原で一日遊ぼう。

施設DATA

授乳室:あり

おむつ替え台:あり

ベビーカー貸し出し:可 国営ひたち海浜公園

TEL/029-265-9001

住所/茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4

営業時間/9時30分~17時(季節により変動あり)

定休日/月曜日(祝日の場合は翌日)、12月31日、1月1日、2月第1火曜日~金曜日

料金/15歳以上410円、小・中学生80円、未就学児無料

アクセス/常磐道ひたち海浜公園ICより5分

「国営ひたち海浜公園」の詳細はこちら

2.ポピーの里 館山ファミリーパーク【千葉県館山市】

オレンジ、黄、白のポピーが

潮風にそよぐあったかな楽園。

館山ファミリーパーク ポピー
1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy