ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イケメンゴリラに胸キュン♡新施設も登場!東山動植物園の遊び方【愛知】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小さいころに愛知岐阜三重の東海地方に住んでいた人なら必ずと言っていいほど遠足で行った東山動植物園。

今やイケメンゴリラとして日本中にその名を轟かせた「シャバーニ」や、園内にウェディングレストランができるなど、どんどん話題になり、進化していっています。

思い出せば、モノレールに乗ったこと、コアラが来た大フィーバー、カップルで乗ると別れると噂のボートなど懐かしの光景は健在。

懐かしくも新しい東山動物園に、大人同士で出かけるのもアリですよ!

東山動植物園

シャバーニの筋肉美に思わずうっとり♡

13時頃の食事タイムになると活動的に。その時は背中をチェック。成熟したオスのみ背中が銀白色になり、シルバーバックとよばれる

シャバーニにこんなに夢中になるなんて!

遠足で、家族で、幼き記憶の断片に残る動植物園の思い出。忘れてしまったことも、動物のにおいや鳴き声を聞くと、ふとよみがえりますよね。

モノレールが走っていたこと、コアラが来たときのフィーバーぷり、カップルでボートに乗ると別れる伝説など、東山動植物園に思い出がある人も多いのでは?

でも、その懐かしさ以上にいま大人女性を夢中にさせているのが、ゴリラのシャバーニ。9年前から園にいるのに、突如脚光を浴びて一躍アイドルに。あの筋肉美には、おとな女子もキュンとしちゃいます!

壁ドンして欲しい♡なんて妄想もアリ…!?

【懐かしポイント.1】別れませんボート、ありました!

東山ボート

ピンクの白鳥をはじめ乗物の種類の多さに驚き

「僕たちは別れません!」の文字が入った「ラブチャレンジ号」。噂を逆手にとったボートでカップル限定で乗船できる。展示用ディスプレイも通路にあり記念撮影OK

「カップルがボートに乗ったら別れる」との都市伝説があったこと覚えていますか?実はそれをネタにしたボートも存在!ちょっぴりドキドキした池は今や誰もが気軽に楽しめる憩いの場になっています。

TEL/052-781-0584

料金/ペダルボート30分3名1000円(4名1200円)、手こぎボート1時間3名600円

【懐かしポイント.2】併設の遊園地、憧れでした

昭和36年からの人気遊具「スロープシューター」。ボブスレーに似ていて、アナログ感がたまらない。1回330円

遠足では乗れなかった分、おとなの遠足で楽しんじゃおう

遠足では乗り物禁止なため、併設の遊園地に行きたくても行けないはがゆい思いをした人も多いのでは?

大人になった今、遊園地は乗り放題!懐かしの遊具はまだ健在。子どもに戻った気持ちで乗ってみては?

【新しポイント.2】植物園の中にウェディング&シャレオツレストラン?

ガーデンテラス東山

賑やかな動物園と反対に落ち着いた店内

カフェ時のアフタヌーンティーセット1750円。ランチは平日1300円~、ディナーコース6500円~

まさか植物園の奥にこんな素敵な場所があるとは

植物園エリアの方に2013年、新しいレストランが出来たのはご存知でしょうか?

実はこのレストラン、ウェディングレストランとしても利用できるんです。落ち着いた館内に、目の前に広がるプール…。少しラグジュアリーな時が過ごせます。

貸切のない日にはランチ、カフェ、ディナーで利用できるので、気分をガラッと変えて大人の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

TEL/052-734-8411

営業時間/11時30分~16時30分、18時~22時

※東山動植物園営業中は園内より入店、入園料別途必要

「ガーデンテラス東山」の詳細はこちら

続々進化中の東山動植物園!

東山動植物園再生プランで、新施設が続々と登場。

開園100周年を目指してすすむ再生プラン計画で、新施設が続々と登場。3月5日には正門噴水広場近くにグッズ売場、ペンギン舎付近にはフードコートがオープン。また恒例の「春まつり」は5月8日まで開催されます。 東山動植物園

TEL/052-782-2111

住所/愛知県名古屋市千種区東山元町3-70

営業時間/9時~16時50分

定休日/月(祝は翌平日)

料金/高校生以上500円

アクセス/地下鉄東山公園駅より徒歩3分

「東山動植物園」の詳細はこちら

※この記事は2016年4月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

【大阪】ファミリーにおすすめ!エキスポシティの大興奮スポット♪
注目ショップが続々OPEN!天神の最新グルメスポット【福岡】
飛騨高山に「でこなる横丁」が誕生!話題のスポットへ行ってみた【岐阜】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP