ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【賛否両論】世界一美味しいと評されたタイのマッサマンカレー / 本当に美味しいのか? 名店で食べてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CNNインターナショナルが2011年に「世界で最も美味な料理ランキング50」を発表し、輝ける1位を獲得したタイのマッサマンカレー。イスラムのハラールのルールに従って作るタイカレーの一種で、豚肉以外の肉を使用。ふんだんにココナッツミルクを入れて作るため、かなりマイルドな仕上がりとなる。

・世界でもっともマッサマンカレーが美味しい店
しかしこのマッサマンカレー、人によっては「イマイチ」と評価するケースが多くあり、まさに賛否両論なタイカレーとなっている。そこで今回、タイの首都バンコクで「世界でもっともマッサマンカレーが美味しい店」に出向き、美味しいかどうか確かめてみた。世界でもっとも美味しいのだから、「シェフの腕が悪くてまずい」ということはないはずだ。

・マッサマンカレー食べにきた?
記者がやってきたのは、バンコクのカオサン通りから徒歩10分ほどの場所にある「Mae Noi Thaifood」。店内に入ると、丁寧な旦那さんと、優しい奥さん、そしてテキパキと働く娘さんが出迎えてくれた。店の入り口で旦那さんに「お客さん、マッサマンカレー食べにきた?」と聞かれた。おそらく、マッサマンカレーを食べにくる日本人が多いのだろう。

・ここまで甘いカレーは初めて
もちろんマッサマンカレーを注文して待つこと数分。美味しそうな茶褐色のマッサマンカレーが厨房からやってきた! 見た目はインドカレーのようでもあるが、漂う香りはタイカレー独特のココナッツ。これは美味しいに違いない。そう思ってライスとともに食べてみたのだが、親の仇のように甘い! 今までたくさんのカレーを食べてきたが、ここまで甘いカレーは初めてである。

・全部甘い!
見た目的にスパイシーなカレーだと思って食べたために、実際の味とのギャップに驚きを隠せない。それくらい甘い! あまりにも甘すぎるので「しょっぱい具は入ってないのか!?」と思い、カレーの具を一通り食べてみたが、全部甘い! 何から何まで甘い。実は、10年ほど前に別の大衆食堂でマッサマンカレーを食べたことがあるのだが、そのときはスパイシーだった記憶がある。それもあって今回の甘さにビックリしてしまった。

・尾を引く美味しさ
とはいえ、この甘さがコクとなって「尾を引く美味しさ」を生み出しているのは理解できた。この甘さをコクに変換して「甘すぎる!!」と感じない人ならば、マッサマンカレーを美味しいという人がいてもおかしくない。皆さんは、マッサマンカレーはお好きだろうか? それとも苦手?

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2016/04/21/kaeng-matsaman/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP