ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

河村隆一が舞台「銀河英雄伝説」のヤン・ウェンリー役に 田中芳樹「河村さんにしか出来ないヤンを」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「銀河英雄伝説」の原作者・田中芳樹氏(左)と河村隆一氏

 ロックバンドLUNA SEAのボーカルとして活躍する河村隆一が、不敗の名将ヤン・ウェンリーを演じる――。小説「銀河英雄伝説」の原作者・田中芳樹氏と河村隆一氏の対談が2011年10月4日、六本木ニコファーレにて行われた。そして舞台「銀河英雄伝説 第二章 自由惑星同盟篇」が、来年4月に東京国際フォーラムで上演され、河村氏はヤン・ウェンリー役で主演を務めることが発表された。

 「銀河英雄伝説」は、累計1500万部を越える人気SF小説で、日本のスペースオペラの金字塔とも言える作品。「銀河帝国」と「自由惑星同盟」が銀河を舞台に戦いを繰り広げる中、魅力あるキャラクターが数多く登場し、さまざまなドラマが展開してゆく。過去にはアニメ化もされており、ほかに類を見ない豪華キャスティングは「銀河声優伝説」と呼ばれたほどである。今年1月には舞台化され、第一章「銀河帝国篇」が上演された。

 そして今回、河村氏は第二章「自由惑星同盟篇」で主役の名将ヤン・ウェンリーを演じる。作品の大ファンであり、ヤン・ウェンリーも大好きだという河村氏。原作者の田中氏との対談では、河村氏が「この物語を何度も観たり読ませていただいたが、絶対悪というものがなく、それぞれの立場でものの見方や信じるものや違っている。原作もアニメもほかにはないスタイルだと思った。敵味方というか、正義と悪を明確に分けなかったのは何か意図があったのですか?」と質問。それに対して田中氏は、「私は歴史が好きなのですが、それを見ていくと善と悪との戦いはまず見られない。それぞれの正義を掲げて戦っている例があまりにも多い。そういう話があってもいいと思った」と答えた。

 さらに河村氏が「現代のものと置き換えて観ることができる銀河英雄伝説を通して、政治とかいろんなものに興味を持つようになった。感謝しています」と礼を述べると、田中氏は、河村氏がヤンを演じることについて

「最初に聞いたとき、ヤンにしては格好良すぎるんじゃないかと思った。ありがたくて身の縮む思いです。河村さんにしか出来ないヤンをやっていただきたい」

と語り、また「フレデリカはヤンのどこに惚れたと思うか?」と逆に河村氏に質問する場面も見られた。

 視聴者からは、「河村さんは自由惑星同盟よりむしろ(美形キャラの多い)銀河帝国のキャラに向いているのでは」といったコメントも多かったが、田中氏は、河村さんの作品やキャラへの熱い思いを見て、とても好感を持ったようだった。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]河村隆一氏と田中芳樹氏の会談の場面から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv64766407?po=news&ref=news#28:15

(尾前孝之)

【関連記事】
西尾維新「化物語」続編の「偽物語」、テレビアニメ化
弟の姉×少年Tインタビュー「マイリストに登録してくれた人たちに感謝」 ニコニコミュージカル『カンタレラ』
ボカロ楽曲にLUNA SEAの真矢さんも参加「新しい時代が来た」
ミュージカル『聖闘士星矢』は「オペラのような作品に」
「演技を作るな!」演出家の指導に熱が入るアトリエ公演の稽古場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。