ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全国に約3000種。ここには650種……珍しいのがいっぱいある足立区の(レトルト)カレー王国

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カレーの国があったらな……って子どもの頃思っていましたよね?

そんなアナタに朗報、カレーの国は日本の、東京の、足立区にある!

ほ~~~ら~~!

その名も「カレーランド」。

オオカミも住んでるでっ!

チラっ

では、さっそく夢の王国へ……。

一歩入ると、ここは、まさにカレーの国だ~。

ずら~っと並ぶのは、全国から集めたレトルトカレー。全国に約3000種あると言われているレトルトカレーのなかの、650種くらいがここに集まっているんだとか。

(撮影時は、移転したてで、450種ほどでした。でも、すごい)

こんな夢の「カレーランド」を営んでいるのが、この素敵なおふたり。猪俣夫妻です。

今回は、奥様でありマネージャーの早苗さんにお話を伺いました。

そもそもなぜこんなお店を開いたのかといえば、カレー大好きなおふたりが、たまたま友人にお土産でレトルトカレーをもらったことがきっかけだったそう。

それまではスーパーのレトルトカレーしか食べたことがなかったんですが、こんなにおいしいレトルトカレーがあるのか、と衝撃で。調べると、全国にたくさんレトルトカレーがあって。色々とお取り寄せをしてみたんですが、口コミの『おいしい』は信用できない。だから、全部自分で食べて、本当においしいレトルトカレーだけを集めたお店を作ろうと思ったんです。

というわけで、ここにあるカレーは全て実食済。年に1度は、おふたりで新たなカレーを探す旅に出るそうです。さらに、一つひとつの辛さや味の特徴を覚えていて、お客さんに「このカレーどんな味?」と聞かれると、即答されていました。

ちなみに、早苗さんの一番好きなカレーは、このほしいもカレー。

好きすぎて、特設コーナーを作っていて、食べ終えた箱の干しイモのキャラを切り抜いて、飾ってありました。あふれ出る、ほしいもカレーへの愛。

そして、お客さんに人気なのは、このオリジナルのレトルトカレー。

レトルトカレーマニアのご夫婦が生み出したカレーは、ひき肉とかたまり肉、両方入っているので、どこをどう食べても肉があるという、素晴らしいカレーです!

お・い・し・そ~う! とはいえ、明らかにおいしそうなカレーを食べるなんてメシ通じゃない!

今回は、厳選されたレトルトカレーのなかでも、珍しいカレーを3つ選んでもらいました!

築地 ふぐカレー

これ、見たときに思いましたよね。「もったいない」って。

しかも、本当に築地のとれたてのふぐを、カレーにしているというから、ますますもったいない。カレーって、全ての風味を消してカレー味になるってイメージじゃないですか。でも、早苗さんいわく、「しっかり、ふぐの味がする」というのです。

実は早苗さん、フグの本場・下関でふぐのカレーを探したそうなのですが、おいしいものに出会えず、がっかりしていたそう。そんなとき、たまたまお店にこのフグカレーの製造者の方が(個人的に)来ていて、たまたまその人の鞄にこのカレーが入っていたんですって!

たまたまが2回続けばそれは運命(BY.高校の同級生の吉田さんの名言)

食べたらおいしかったので、こりゃもうお店に出すしかない、と。

そんなフグカレー。さっそくいただきました!

見た目は普通なのですが、袋を開けた瞬間から、確かにフグの香りが漂ってる~!

カレー自体がもちろんおいしく、その味に負けないぐらいフグの味が濃い! そしてお互いに邪魔していません!

ふぐとカレーのマリアージュ!! これはぜひ食べてほしい。

華貴婦人 ピンク華麗

もうね、これはね、見てっっ!

ピンクだから!

食べ物の色とは思えないほどのピンク!

でも、安心してください、絵の具じゃないですよ。着色料なども使用せず、ビーツでこの鮮やかなピンクになっているんだとか。

と、言われてもちょっと怖いですが、いただきました。

かわいい見かけによらず味はしっかりスパイシー。

カレーとして、完成されたおいしさです。大きめの鶏肉が入っていて、これも合う! 何事も見た目で判断しちゃいけない、そんなことを学ばせてくれる味です。

和歌山小南農園のみかんカレー

数あるレトルトカレーのなかで、意外と多いのは果物が入ったカレー。まあ、カレーの隠し味に使ったりするしね。でも、これは全然かくれてないんですよ。「素材の味がしっかり残っている」というんですよ。

ていうか、見た目も、めっちゃみかんなんですけど~!

みかんは好きです。冬場手が黄色くなるまで食べます。カレーももちろん大好きです。でもでも、好きなもの2つ合わさったらいいってもんじゃないよね?

と、思いつつも、実食。

あ、れ、おいしい。確かに、みかんがしっかり主張しています。プチプチしております。それが、このカレーのスパイシーさに合うんです! カレーもみかんジュースで煮込んでいるからなのか、味に一体感があります。

今回はカレーの奥深さと器の広さを実感。そしてわたし、完全にご当地レトルトカレーのことをなめていました。「とりあえずカレーにしとけばそれなりの味になるでしょ」くらいのもんだと思っていましたが全然違った。

地元の名品の特徴をいかしたカレー作りにこだわって、「カレー」としておいしく食べられることをきちんと追求されてるんですよ。

次から、旅行に行ったら、ご当地カレーをチェックします。そして、旅行に行けないときは、カレーランドでご当地カレーを買おうっと。

お店情報

カレーランド

住所:東京都足立区保木間2-2-8

電話番号:03-5856-7739

営業時間:11:00~19:00

定休日:月~水曜日

ウェブサイト:http://curryland.theshop.jp/


書いた人:

M井Mほこ

世の中酒で乗り切れると信じる、1982年生まれ。ファッション誌を作っていた時代に、モデルの子に「M井さんはお菓子が似合う」と言われて、口いっぱいにミニシュークリームを詰め込まれたことを想いだすお年頃。

関連記事リンク(外部サイト)

小瓶でチョチョイと作る〝コーヒー焼酎〟でホロ酔いしたい【料理解析・お酒編】
最高にウマいシュラスコを食べまくれ! 「ブラジルグルメグランプリ」をサンバのリズムで味わっちゃおう
来たれ休日。晴れたら野菜を干してやる!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。