体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【R18のキャンプイベント】仕事の話やデジタル機器は一切禁止!(アメリカ)

【R18のキャンプイベント】仕事の話やデジタル機器は一切禁止!(アメリカ)

「Camp Grounded」は、18歳未満が立ち入ることのできない、大人のためにあるキャンプイベント。そのコンセプトは、“小さいころに行った懐かしのサマーキャンプ”を再現することだそうです。

オーガナイズするのは「デジタル・デトックス」社。目的のひとつはその社名にある通りですが、デジタルだけには留まらないデトックスの内容が人気の様子。要とも言えるルールを見てみましょう。

ルール1
デジタル機器は入り口で回収!

【R18のキャンプイベント】仕事の話やデジタル機器は一切禁止!(アメリカ)

Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

入り口で待ち構えているのは、白い防護服を身に纏ったスタッフたち。一体何!?
【R18のキャンプイベント】仕事の話やデジタル機器は一切禁止!(アメリカ)

Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

これは、入口で行われるテックチェック。生命維持に必要な装置など例外を除き、身に着けているデバイスの類はこの場で回収!デジカメもダメです。写真を撮りたい人は、インスタントカメラなど、アナログであれば使用OK。

ちなみに、緊急時の連絡については、別途連絡先が用意されるため、事前に家族や友達、職場に共有しておく仕組みだそう。準備ができたら中へ!

ルール2
時間を忘れろ

【R18のキャンプイベント】仕事の話やデジタル機器は一切禁止!(アメリカ)

Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

イベントの最中は、時計を使いません。画像に書かれているとおり、時刻はちょうど「なう!」というワケ。

明るくなったら目を覚まし、満点の星空を仰いで眠るといった具合に、無理のないスケジュールの中、アラームが鳴らない生活を送ります。

ルール3
仕事の話は一切ナシ

【R18のキャンプイベント】仕事の話やデジタル機器は一切禁止!(アメリカ)

Photo by DigitalDetox.org & Daniel N. Johnson

webサイトには「ここはコネクションを作るための場所ではありません」と明記されています。

たしかに、日常から離れようというのに自己紹介で仕事の話からなんてのは、野暮かも。

ルール4
年齢は関係ない(大人なら)

【R18のキャンプイベント】仕事の話やデジタル機器は一切禁止!(アメリカ)
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。