ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「城下町全体」がひとつのホテル。400年の歴史にとけ込むように泊まりたい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、これまでとは違う“まったく新しいコンセプト”のホテルがオープンし、話題になっています。

新しいホテルのカタチを
「城下町全体」で体現

Photo by nipponiastay.jp

2015年10月に開業した「篠山城下町ホテル NIPPONIA(ニッポニア)」は、「城下町全体」をひとつのホテルに見立てた宿泊施設です。築100年を超える明治時代のものから昭和のものまで、歴史的に価値の高い建物を中心に宿泊棟としてリノベーション。滞在中は、その歴史ある空間に包まれ、趣を感じることができるはず。

4棟ある宿泊棟の名前には、ONAE(オナエ)、SAWASIRO(サワシロ)、NOZI(ノジ)、SION(シオン)と、歴史的に篠山と関係の深い「菊の名称」をつけたのだそう。

「ONAE」

Photo by nipponiastay.jp

主屋や離れ、土蔵、庭園が現存しており、庭園にはその昔に篠山城の見張り台として使われていたとされる「エノキの大木」がシンボルツリーとして佇んでいます。建物は、篠山城下町の町屋の特徴である下屋(主屋から差し出してつくられた小屋根)を有し、その高さは周囲の建物と合わせて連続したまち並みを形成。

「SAWASIRO」

Photo by nipponiastay.jp

もともとは、茶屋を営む店舗兼住宅。創建は江戸後期とされ、篠山城下町ホテルNIPPONIAの4棟の中で最も古い建物です。

吹き抜けた土間は開放的ながらも、当時からの梁などを見ることでき、風情たっぷり。昔の姿を残したお風呂をそのまま利用することができるなど、古民家宿泊ならではの歴史の趣を楽しむことができます。

「NOZI」

Photo by nipponiastay.jp

京都の町家に多く見られる平入り厨子(ツシ)を屋根に持つ、間口が狭く奥行きが深い敷地・建物の形状は、明治前期とされる創建当時の趣をよく残しています。街道に面した母屋からは、特徴的でもある格子越しの情景を楽しむことが可能。

「SION」

Photo by nipponiastay.jp

一度改装されたこともあり、現代風の外観ながらも、どこか実家に帰ったような気持ちにさせてくれます。付近には「王地山まけきらい稲荷」や公園があるため、気ままな散策から街歩きまで、町を楽しむことのできる建物。

土地を楽しむ本格フレンチ

Photo by nipponiastay.jp

丹波篠山は古くから栽培される全国的にも名高い特産品が多く、まさにブランド食材の宝庫。月ごとに旬を迎える滋味豊かな地元産食材を、最高の状態で提供してくれます。

Photo by sasayamastay.jp

「城下町全体」で体現する、新しいホテルのカタチ。まだGWの予定が決まっていない人は要チェック!宿泊予約はこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by NIPPONIA

関連記事リンク(外部サイト)

アナタも経験あるはず!帰国後すぐ、旅に出たくなる「10の理由」
金色に輝く!雪の銀山温泉が幻想的すぎる・・・
産休の今がチャンス!生後10週間の赤ちゃんを背負い、世界中をまわる旅に出たママ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。