ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本屋大賞1位2位が躍進。『羊と鋼の森』は累計50万部を突破【今週のベストセラー】

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

日販発表による4月20日調べの週間ベストセラー(総合)ランキングで、1位となったのが2016年本屋大賞で大賞に輝いた『羊と鋼の森』(宮下奈都著、文藝春秋刊)。本作はトーハン調べ4月19日付け週間ランキング(総合)でも1位となっている。

また、同じく2016年本屋大賞で2位となった『君の膵臓をたべたい』(住野よる著、双葉社刊)も日販の週間ランキング、トーハンの週間ランキングでともに3位へランクを上げた。

■『羊と鋼の森』は本屋大賞の影響で累計部数が50万部を突破

『羊と鋼の森』は2015年9月11日に初版6500部で発売されたが、その後重版を重ね、4月12日の本屋大賞受賞を受けて累計33万2500部に到達。さらに4月14日には17万部の増刷が決定し、発行部数は累計50万2500部となった。

ピアノの音色に魅せられた一人の青年が成長していく姿を描いた長編小説『羊と鋼の森』と、一冊の文庫本から始まる主人公と病気の少女の交流を描いた感動作『君の膵臓をたべたい』。ゴールデンウィークにじっくりと読みたい2冊だ。

(新刊JP編集部)

【関連記事】 元記事はこちら
2016年本屋大賞に宮下奈都さんの『羊と鋼の森』 かつては書店員の応援団もできる
文房具屋さんが選ぶ最高の文房具 大賞に輝いたのは…
なぜ今、田中角栄に注目が集まるのか? 強烈なリーダーの素顔に迫る『天才』【今週のベストセラー】

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP