体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟

生活・趣味
インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

デリーはクゥトブ・ミーナールを見た後は、同じく世界遺産のフマユーン廟へ。メトロのバイオレットラインでJLN STADIUM駅で降りてリクシャですぐ。入場料250Rs。

インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟 インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟 インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟

ムガル帝国の王様、フマユーンの死後に妻が建てさせたお墓として1569年に完成。かの有名なタージ・マハルに影響を及ぼしたとあり、造形はとっても似ています。色はタージが真っ白なのに比べ、こちらは赤土色。それはそれでまた乙な趣で、夕日を浴びた佇まいは見る人の心を奪います。どこから見ても左右対称の造り、美しい曲線を描くアーチ、複雑な幾何学模様・・・とイスラム建築の美しさにうっとり。しかし、この建物の中には150人の王様や家族などが眠っているとか。よく考えたら怖い。

インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟

棺ももちろんあります!

インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟

フマユーン廟の上からみた景色。

インドの世界遺産。どこから見ても左右対称、夕景に映えるフマユーン廟

すかし窓から入り込む夕日も美しいです。建物に行くまでに芝生の広場があり、みんなそこで憩いのひととき。インドのいいところは、世界遺産でも気軽に近くまで行けるし、触れられるし、休憩ができるところ。世界遺産に対しておおらかに接する感じがいいなーと思います。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会