ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国内盤のリリースも決定!生音重視の“プリンス流ファンクネス”を存分に堪能できる『ヒット・アンド・ラン フェーズ・ツー』(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年2015年9月に、自身が立ち上げたレーベル<NPGレコード>から『ヒット・アンド・ラン・フェーズ・ワン』をリリースしたプリンス。その3か月後、12月には続編である『ヒット・アンド・ラン フェーズ・ツー』がTIDALで配信され、iTunesでのデジタル・リリースも開始したが、ようやくパッケージ(CD)としてのリリースも決定し、海外では4月29日、国内版は5月27日に発売される。

 以前は配信を拒否し、パッケージのみの発売に特化していた殿下だが、TIDALのオーナーであるジェイ・Zとコンタクトをとったり、ツイッターで積極的に楽曲を紹介したりと、時代の流れを読み取りながら、今風のプロモーション活動を行うその姿勢には感服する。音楽性のみならず、どれだけインパクトを与えてファンを驚かせるかも、昨今のミュージックシーンでは必要になってきているからだ。

 しかし、音の方は「無理してエレクトロ路線の傾倒した」と酷評を浴びた前作とは一転、誰もが納得の、生音重視の「プリンス流ファンクネス」が存分に堪能できる内容に仕上がっている。「またこのジャケットか?」と思いきや、アルバム・タイトルも、アートもまったく同じである『ヒット・アンド・ラン・フェーズ・ワン』の音楽性とはまったく違うものなので、ご安心いただきたい。80年代や90年代の、良質なR&B/ファンクが蘇っている。

 昨年5月に起きた「フレディ・グレイ事件」に抗議した内容として配信された、オープニングを飾る「ボルチモア」は、さらにファンクっぽい要素を増したアレンジになっていて、「ロックン・ロール・ラブ・アフェア」や「グルーヴィー・ポテンシャル」など、既に発表されていたナンバーも焼き直してある。既存の寄せ集め感があるも、こうしてアルバムとして並び変えると、統一感が生まれ、ひとつの作品として仕上がってしまうのだから不思議だ。ファンク・チューンでは「ビッグ・シティ」が、メロウでは「レベレーション」が秀逸。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『ヒット・アンド・ラン フェーズ・ツー』
プリンス
2016/05/27 RELEASE
2,700円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

プリンス、まるでアー写のような完璧すぎるパスポート写真を公開
Album Review: 殿下1年ぶりの新作!EDMやファンク、ネオソウルにハードロックまで、ジャンルを超えた傑作『ヒット・アンド・ラン フェーズ・ワン』
ボーイ・ジョージの「プリンスと寝た」発言について、出演番組の広報が説明

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP