体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ALFEE’S LAW』はTHE ALFEEの本質を浮き彫りに!【ハイレゾ聴き比べ vol.7】

このシリーズ第1回の内田彩「アップルミント」、第2回の秦基博『青の光景』で、ハイレゾ音源ではコーラスワークも際立つことを記した。いずれも音像がはっきりすることで、「アップルミント」では彼女の歌声がより立体的に聴こえ、『青の光景』では全体がクリアーになることでコーラスの構成がさらにしっかりと掴めるようになることが分かった。

遅ればせながら、今回、再びコーラスワークに注目してみたいと思う。題材としてア・カペラや合唱の音源を…とも考えたが、その辺はそもそも声を強調する音楽性なので、おそらくMP3やCDでもヴォーカリゼーションの妙は確認できるだろう。

むしろサウンドが派手、もっと言えば雑多で、その上にコーラスが乗っているような音源のほうが、ハイレゾ効果を実感できる気がする。そこでTHE ALFEEである。フォークからプログレまで幅広い音楽性に加え、ヴォーカリストが3人。これほど今回の題材に合うアーティストはいない。
『ALFEE'S LAW』/THE ALFEE (okmusic UP's)

2500公演を超えるライヴを実現
THE ALFEE のデビューは1974年。昨年、40周年のアニバーサリーイヤーを迎えたことも記憶に新しい。彼らのすごいのは、その長きにわたる活動歴もさることながら、80年頃から毎年全国ツアーを行なっているところだろう。現在に至るまで年間50本以上(多い年は年間100本超!)のコンサートを欠かしておらず、総公演数は2500を超えたというから驚異的ですらある。

日本全国のあらゆる土地でライヴを行なっている上に、演奏はもちろんのこと、MC、ステージ演出、物販に至るまで観客を楽しませる姿勢を徹底している。そのスタンスは、J-POPにも造詣が深いマキタスポーツ氏が“信頼と実績のTHE ALFEE”と言ったほどである。

本格的なブレイクはシングル「メリーアン」がヒットした83年からであろうが、それ以前にライヴハウスクラスはソールドアウトさせており、82年には5000人を動員した野外コンサートを行ない、「メリーアン」リリース前に日本武道館公演を決定していたというから、生粋のライヴバンドなのである。

既存の枠にとらわれない音楽性
THE ALFEEほどその音楽性を語るのが難しいバンドもなかなかいない。アイドル的なフォークグループとしてデビューした経歴と、今も坂崎幸之助がアコースティックギターを抱えていることから、フォークのイメージもあるが、82年のアルバム『doubt,』から取り入れ、『ALFEE』『ALFEE’S LAW』で本格化したエレキギター中心のバンドサウンドは明らかにロックだ。

ただ、ほとんどの楽曲を手掛ける高見沢俊彦が「THE ALFEEをロックだと言ったことはない」と公言していることから、少なくともロックバンドという自覚は薄いようではある。もともとTHE ALFEEは、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルのコピーバンドでヴォーカルをやっていた高見沢が、坂崎と桜井賢とがやっていたサイモン&ガーファンクルやビージーズのコピーをやっていたグループに加入したことに端を発する。

コンフィデンスと名乗っていたそのグループでは、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングやイーグルスのコーラスものをコピーしていたというから、そもそも是が非でもロックをやるとか、フォークをやるとかいったスタートでもなかったようで、それが現在の音楽性に関係しているとも想像できる。

サウンドプロデューサーでもある高見沢は「(ジャンルは)周りが決めるんですよね。“これはロックだ”“これはフォークだ”って」と語っているし、「(考えるのは)“このステージをやる時にどんな楽曲が必要か?”ということ。東京ベイエリアで10万人コンサートをやった時、そのために「Sweat & Tears」を作ったんですよ」とも言っている。

観客のニーズに合わせて…と言うと若干語弊があるかもしれないが、平たく言えばそういうことになろう。楽曲制作においても観客を楽しませる姿勢が反映されていると思われるし、あくまでもTHE ALFEEの活動の中心はライヴで、ライヴのための楽曲であることもうかがわせる。

とは言っても、もちろんそこにはメンバーの音楽的指向もしっかりと注入されているのは間違いない。上記ルーツミュージックからの影響は色濃いし、特にそれが買われてデビューにつながったという美しいコーラスワークは健在である。汎用性と主体性とのバランスがいいという、稀有な存在とも言える。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。