ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トマトを食べてきれいになれる! 美肌にもいいリコピンの効果

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トマトに含まれるリコピンはトマトの赤色を形成する成分です。抗酸化力が高く健康にいいと言われるリコピンは、特に女性に積極的に摂って欲しい成分。なぜならリコピンの美肌効果がスゴイから。これから日差しが強くなってくる季節。紫外線によるシミやシワ対策もリコピンを味方にしてみては?

リコピンの抗酸化力ってどんなもの?

私たちはさまざまな形で体内に酸素を取り入れて生活をしていますが、取り入れた酸素の2~3%は活性酸素になります。活性酸素は体内の細菌やウイルスなどを攻撃する働きがありますが、過剰になると体に悪い影響を与えます。ストレスや排気ガス、喫煙などは活性酸素を増やす要因。現代では活性酸素が過剰になっているのです。抗酸化力の高い成分は、活性酸素を除去する働きがあります。ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなども抗酸化力の高い成分として有名です。トマトに含まれるリコピンの抗酸化力は際立って高く、ビタミンEの100倍とも言われます。

女性に嬉しいリコピンの効能とは?

生活習慣病の予防にもいいと言われているリコピンですが、女性にとってさらに嬉しいのは、お肌にもいい影響があることです。ここでは、リコピンがキレイなお肌を作る効果をご紹介します。

□リコピンがコラーゲンの減少を防ぐ

コラーゲンはモチモチのお肌には欠かせませんが、紫外線を浴びると活性酸素が発生し、コラーゲンは分解され減少してしまいます。コラーゲンは肌の奥でヒアルロン酸などと結びついて肌を支える働きをしています。コラーゲンが減少すると肌の水分保持力がなくなりカサカサのお肌になってしまうのです。リコピンを摂取することで、活性酸素が除去されればコラーゲンの減少は食い止められます。

□リコピンが美白にも有効

紫外線を浴びると、肌はメラニンを作ることで自己防衛をします。メラニンは肌にとって必要ですが、過剰になるとシミなどの原因になってしまいます。リコピンにはメラニンの生成を抑制する働きがあることが分かってきました。つまり、リコピンを摂ることで美白効果が得られるということです。

女性に嬉しい効果がいっぱいのリコピンですが、実はリコピンは脂溶性の成分。トマトを生で食べるよりも、油で調理した方がリコピンを吸収しやすいのです。リコピンは加熱をしても減少することはありません。炒めたり煮込んだりして食べましょう。真っ赤に熟したトマトの方がリコピンが豊富。また、トマトジュースやケチャップで摂ってもOKです。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP