ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】次回の「ハンター×ハンター」が超スゴイ内容だと判明 / 出版関係者「過去最高の対決が掲載される」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気漫画家の冨樫義博先生(49歳)の代表作品といえば、週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「ハンター×ハンター」(HUNTER×HUNTER)だ。冨樫先生が病気のため2014年から長期休載していたが、2016年4月18日発売の週刊少年ジャンプから連載を再開。今まで以上にサスペンス要素が増幅されており、徹底的に描き込まれた精細な描写に多くのファンが衝撃を受けた。

・ファンが足をガクガクさせて喜ぶ対決
日本中のファンが注目している「ハンター×ハンター」だが、2016年4月25日発売の週刊少年ジャンプで、とんでもない「ファンが足をガクガクさせて喜ぶ対決」が掲載されるというのだ。それは本当なのか? この情報を伝えてくれた出版関係者は以下のように語る。

・出版関係者のコメント
「誰もが望んでいた、夢の対決が掲載されます。ネタバレになるのでそれ以上は言えませんが、「ハンター×ハンターの歴史のなかで過去最高の対決が掲載される」と言っても過言ではないでしょう。私もその事実を知って衝撃を受けました。体の震えが止まらなくなり、失禁しそうになりました。いや、ぶっちゃけ失禁しました。推測ですが、あまりに激しい戦いなので負けたほうは死ぬような気がします」

・いったい誰が誰と戦うのか!?
もしそれが事実ならば、いったい誰と誰が対決するのだろうか? ヒソカとクロロ? ゴンとキルア? クラピカとツェリードニヒ? それともジンとパリストン? 史上最高の対決、いまから楽しみである。余談だが、前回の「ハンター×ハンター」で16年前の伏線が判明し、ファンは衝撃を受けている。

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz Plus http://buzz-plus.com/article/2016/04/21/hunter-x-hunter-battle/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP