ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Tips : Androidの無線LANで静的IPを利用する方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自宅における Android デバイスの無線 LAN 接続には DHCP を利用して IP アドレスを自動的に取得する使い方をされる方が大多数だと思いますが、静的 IP アドレスで接続すると DHCP よりも短時間で接続が完了するので、利用する価値は意外と高いですよ。無線 LAN のアクセスポイントから IP アドレスを割り振る方法は静的 IP と動的 IP(DHCP)の 2 通りです。一般的な家庭用ルーターでは DHCP が初期状態で有効になっているので、無線 LAN のアクセスポイントに接続(パスワードログインなど)するだけで勝手にネットに繋がります。しかし、DHCP を利用する場合、時々、IP アドレスの取得に時間がかかる、IP アドレスが割り振られなくてネットに繋がらないといった問題が発生します。こういう問題は静的 IP を利用した場合はほとんど起きないので(IP アドレスが重複するなど人為的ミスで問題が発生することはあります)、また、細かいところでは、静的 IP を利用するとルーター内のルーティングテーブルの更新頻度が減るので、パフォーマンス的にも静的 IP は有利だと言えます。ただ、静的 IP を利用するにはルータ側で IP の確保、DHCP の無効化、サブネット決めなどが発生するので、LAN の知識が若干必要になってきます。「静的 IP」と聞いてピンと来ない方にはあまりおすすめしません。Android で静的 IP を設定する方法は、無線 LAN 接続画面で「詳細設定」をタップし、「IP 設定」のリストから「DHCP」ではなく「静的」に切り換えます。そして、次の項目を入力して接続します。IP アドレス:Android で使う IP アドレス(192.168.1.34 など)ゲートウェイ:無線 LAN 本体の LAN 側 IP アドレスネットワークプレフィックス長:ネットワークアドレスの範囲(IP 範囲によって変わる)DNS1:プライマリ DNS サーバの IP アドレスDNS2:セカンダリ DNS サーバの IP アドレス大抵の家庭用無線 LAN ルーターでは、「IP アドレス」と「ゲートウェイ」さえ入力すれば接続できると思いますが、ネットワークアドレスが利用者の多い 24 ではない場合や、別の DNS サーバを利用する場合には別途入力する必要があります。

■関連記事
中国ZUK、6GB RAM+128GB ROMの新型スマートフォン「ZUK Z2 Pro」を発表、iCloudとの同期をサポート
1ShopMobileがHTC 10の販売を開始した模様
Google Playストアのアプリダウンロード数はApp Storeのほぼ2倍、でも収益はほぼ半分(App Annie調査)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP