ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チームしゃちほこ 北海道初ワンマン開催、新曲「Wow Oh! Oh!」初披露!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 名古屋発スターダスト芸能3部所属のアイドル6人組、チームしゃちほこが4月17日にZepp札幌にてワンマンライブを行った。

 北海道で初のワンマンライブということもあり、会場からは「待ってました!」とばかりに大きな声援が飛び交う。この声援に後押しされるかのように颯爽とステージに登場すると、咲良菜緒の「全員整列!」の掛け声と共に「OEOEO」から札幌公演は幕を上げた。続いて「NIGI2 WONDERLAND」、「天才バカボン」を披露し会場を盛り上げていく。

 自己紹介を挟むと4月7日に発売されたシングル『Cherie!』に収録された「Wow Oh! Oh!」を初披露。「みんなの盛り上がり次第で今後やるかやらないか決まるよ!」と咲良が煽ったが、見事にコールアンドレスポンスと掛け声が決まった。この声援の大きさに「またやれるね!」とメンバーもご満悦の表情を浮かべた。このあと、大黒柚姫と伊藤千由李が先日北海道に訪れた際に出演したHTB(北海道テレビ)の朝の情報番組『イチオシ!モーニング』から、藤尾仁志と同局のマスコットキャラクター“onちゃん”がステージに登場。伊藤が命名した“味噌煮込みブラウン”をイメージした全身茶色の衣装を身にまとい、メンバーと一緒にチームしゃちほこの挨拶である「手羽先!味噌カツ!エビフライ!」を「お寿司!ジンギスカン!スープカレー!」と北海道Ver.で披露。そして2人が見守る中「Cherie!」をパフォーマンスし、最後はメンバーが2人をステージ中央に連れてきて一緒に「Cherie!」の振り付けを披露してみせた。この模様は4月23日放送の『イチオシ!モーニング』でオンエア予定となっている。

 「Cherie!」を終えると、「ここからは飛ばしていくよー!」と坂本が会場を煽り「抱きしめてアンセム」、「そこそこプレミアム」などアップテンポで激しいナンバーを立て続けに披露。咲良はロックアーティストさながら観客に水をまき、大黒はお立ち台に登り「みんなまだまだいける?!疲れてない?!私は少し疲れたけど、、、もっと盛り上げていくよ!!」と会場を煽り、7曲をノンストップで駆け抜けた。

 その後、息を整え今日の感想を語る。伊藤は「今までいろんなZepp公演をやってきて、残すZeppは札幌だけだったの!だから今日来れて良かったです!」、咲良は「Zepp札幌出来て、Zepp制覇できて良かったです!」とZepp札幌でのライブを喜んだ。秋本は、「今日は「Wow Oh! Oh!」の初披露!一発目なのにコールアンドレスポンスできるなんて、すごいですね!次は「ケモノノハナミチ」の初披露、楽しみにね!」と話した。そして6月にはメ~テレで放送中のチームしゃちほこのレギュラー番組『ゆるしゃち』のDVDが販売されることがアナウンスされた。このDVDには昨年末に開催したソロライブの模様も収録となる。このDVD発売に合わせて北海道に再び来る事を誓うと、最後は「みんなで踊ろう!」と振り付けを伝授して「でらディスコ」でフィニッシュ。最後の余韻を楽しむようにくまなく会場に手を振り挨拶をすると、咲良から「本当にお腹が空いたので帰ります!じゃあ、ジンギスカン!って言ったら、それに続いて言ってね!」とジンギスカンコールをして初のZepp札幌公演を後にした。

<4月17日 Zepp札幌 セットリスト>
01:OEOEO
02:NIGI2 WONDERLAND
03:天才バカボン
04:Wow Oh! Oh!
05:Cherie!
06:抱きしめてアンセム
07:そこそこプレミアム
08:勝手にハイブリッド
09:ザ・スターダストボウリング
10:アイドンケア
11:いけいけハリウッド
12:トリプルセブン
13:でらディスコ

◎路上デビュー5年目5公演5万人動員! 大箱ライブ計画【“VICTORY YEAR” Road to 笠寺】
2016年5月21日 幕張メッセ
2016年5月22日 幕張メッセ
2016年8月31日 日本武道館
2016年11月13日 横浜アリーナ
2017年3月21日 日本ガイシホール

※『Cherie!』の正式表記は、1つ目の「e」がアクセント付き文字

関連記事リンク(外部サイト)

チームしゃちほこ 4月8日トークイベントレポート、5月幕張公演で伊藤千由李ソロ曲が初披露決定!
チームしゃちほこ 大黒柚姫・伊藤千由李インタビュー後編、新生活の展望&新曲を語る
チームしゃちほこ 大黒柚姫・伊藤千由李インタビュー前編、【JK卒業式】を振り返る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP