ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワンリパブリック、新作発売を前にファンに宛てた手書きの手紙を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ワンリパブリックのニューアルバムが届くのはもう間もなくのようだ。リーダーのライアン・テダーがバンドのウェブサイトに手書きの手紙を投稿し、4枚目のスタジオアルバムに関する最新情報とファンの9年間にわたるサポートへの感謝を綴っている。

 「(9年は)“バンド年”でいうと事実上30年だよ」とジョークを飛ばすテダーは次のように述べている。

 「アルバムを作るのは決して簡単なことじゃない。生涯最高のアルバムを作るのはさらに難しい。それを僕たちはやっていて、美しさは見る人の目次第だったり、音楽の良さは主観的なものだったりするけど、やろうとしていた事は達成したと思うよ」

 アルバム用の曲作りを開始したのは2014年8月で、テキサス州オースティンやダブリン、パリ、ロンドン、イタリア、エストニア、トルコ、ロシア、南アメリカほか、世界中をツアーしながらだったとのこと。またその間、テダーはプロデューサー/ソングライターとして、テイラー・スウィフト、アデル、デミ・ロヴァート、ロブ・トーマス、デヴィッド・ゲッタなどとの仕事も続けたそうだ。

 「必要は発明の母。僕たちにとって、このアルバムをツアー中に制作する必要性があったんだ……世界中の場所から受けたインスピレーションが、僕たちの追い求めていたサウンドを創りだしたのさ」と手紙は続く。

 なお、ウェブサイトではEメールの登録で更なる最新情報を提供しつつ、日時をカウントダウンするタイマーが設置されている。これがゼロになるのは5月13日だが、ニューアルバムのリリース日なのだろうか。

関連記事リンク(外部サイト)

■ライアン・テダー■ ワンリパブリックのアルバム用に書きため中
ワンリパ、新曲MVは映画『マトリックス』にインスパイアされた
P!NK 映画『アリス・イン・ ワンダーランド/時間の旅』提供の新曲を【2016 Billboard Music Awards】でTV初披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。