ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤ちゃんポストの熊本・慈恵病院 本震発生時、分娩中だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月14日夜9時26分に発生した大地震の後、熊本県益城町に住む坂牧正敏さん(65才)は、自宅向かい側にある駐車場に家族と共に避難した。M6.5、最大震度7。幸い、正敏さんの家は外壁などのひび割れ程度ですんだが、周囲ではいくつもの家屋が全壊していた。

 翌日、余震が続くなか、妻と息子夫婦は別の避難所へ移動した。だが、正敏さんは家のことが気になり、ひとり残って中の様子を見に行った。

「止まっていた電気が夜になってつくようになっとったです。それで、家のほうが安全かと思って、(愛犬の)クロを連れて家に入ったんですよ」

 その5分後、自室のソファに座ってテレビをつけたその時、予想だにしなかった激しい揺れに襲われた。気づくと家の一階部分がペシャンコに潰れ、正敏さんは身動きがとれなくなっていた──。

 16日未明1時26分に発生したM7.3、最大震度6強の大地震。実は14日の揺れは「前震」で、今度の揺れが「本震」だった。本震は熊本県の布田川断層帯による直下型地震とみられている。地震による犠牲者は47人、負傷者は熊本と大分の両県だけで1100人以上にのぼり、避難者は約20万人に及んでいる(4月20日現在)。

 真っ暗闇の中、左足に木材がのり、身動きのとれない状態で激しい不安と恐怖に襲われた正敏さん。余震でさらに家が崩れたら、命はない──その窮地を救ってくれたのは、愛犬のクロだった。

「クロはどうにか家の外に逃げ出して、家の前でキャンキャンと懸命に吠えよったとです。それに気づいた近所の人がやってきて、声をかけてくれました」(正敏さん)

 クロは11年前に息子の嫁が友人からもらった雑種犬。いつも散歩に連れていってくれる正敏さんにいちばんなついていたという。激震から1時間後、救助が来た。家族とクロは閉じ込められた正敏さんに声をかけ続け、午前4時前、ようやく救出された。

「クロに助けられました」

 正敏さんがそう言いながらクロのお腹を撫でると、クロは気持ちよさそうに目を閉じた。

熊本市には、親が養育できない新生児を預かる、いわゆる「赤ちゃんポスト」が設置された慈恵病院がある。その病院でも、壁にひびが入ったり外周の地面の舗装が浮き上がるなどの被害が出た。本震に襲われた時、産婦人科では分娩の真っ最中だった。

「スタッフは『お母さん、落ち着いて。大丈夫、大丈夫』と声をかけていました。その後の余震の間にも分娩があり、17日までに病院では12人の赤ちゃんが誕生しました」(竹部智子看護部長)

 病院には近隣から130人ほどが避難してきた。しかし水は濁って使えず、備蓄してあった食料も足りない状態。

「そこでホームページで支援をお願いすると、お水やお米、野菜や果物まで、たくさんの支援がいただけました」(竹部部長)

 支援者のほとんどは慈恵病院でお世話になった人たち。赤ちゃんを抱えてお米を持ってきた30代女性は「昨年、病院でお産をした」と言う。

「匿名の支援の中には、『赤ちゃんポスト』にかかわった人たちの“恩返し”もあったと思います」(病院関係者)

 熊本県立国府高校のグラウンドでは、避難してきた地域住民や高校の教師、学生らが協力し、グラウンドに椅子を並べて「SOS」を書いた。

「カセットコンロなどを使って炊き出しをしていましたが、水が足りない、食料がない、トイレットペーパーもないという状態で。“自分たちで動かなきゃ”と思って『カミ パン 水 SOS』と書きました。それが上空のヘリの目にとまったらしく、ツイッターで拡散されて近隣の人たちからいろんな物資が届くようになりました」(近隣住民の村上次郎さん)

 切迫した被災地の状況。だが、これは他の地域に住む人たちにとっても決して他人事ではない。

※女性セブン2016年5月5日号

【関連記事】
震災後 避難所が「奇跡の避難所」へと変わる様子を描いた書
“ポスト浅尾美和”20歳美女 コートの上では黒豹の俊敏さ
原発避難民の心を逆なでするTVの「手をよく洗って」発言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP