ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結婚詐欺が疑われる事案 「メールの履歴が重要」と弁護士

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 政府は少子化対策のため、「婚活」に対する支援を本格化する方針だが、中には金の授受を巡って、結婚詐欺を疑われるようなケースも存在する。金を渡した彼女が「もらっただけ」と主張した場合、これは結婚詐欺なのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 付き合っていた彼女に、一緒に住む家をリフォームしたいので「お金をお願いします」といわれ、400万円を手渡すと連絡が途絶えました。友人が彼女を見つけ問い詰めると「私は『結婚』の言葉を使っておらず、お金に余裕のある人からもらっただけ」と主張。これは完全に結婚詐欺ではないでしょうか。

【回答】
 結婚詐欺とは、結婚する気がないのに結婚するように信じ込ませ、誤信した異性から金品を騙し取る詐欺の手口の一つであり、刑事事件にもなります。男女関係を背景にして、多額のお金のやり取りがあった場合、結婚詐欺と思われるケースに遭遇することが時々あります。

 あなたの場合、女性はお金をもらったことは認めていますが、現金で渡して領収書もなく、証人もいない場合、もらっていないと、とぼけられてしまうと、お金の授受の証明が難しくなります。

 さらにお金をもらった方は、借りただけで事情があって返せないだけだから詐欺ではないとか、彼女のように、もらったが結婚するとはいっていないという反論をしたりします。どちらにせよ、結婚で誘ったかどうかが問題です。

 最近は携帯メールの履歴から立証できることが少なくありません。結婚詐欺の被害者は、お金を出し続けるうちに気になってメールや手紙で相手に両親への面談、結婚式や新居の予定などを相談し、これに対して、その場しのぎの言い訳をするメールが返されることも多いのです。彼女が結婚という二文字を注意して使わなかったとしても、一緒に住むといったのであれば、結婚を示唆したといえます。

 ここまで追い詰めても、結婚するつもりだったが、愛情が薄れたと反論される例もあります。これに備え、相手の親族関係や生活状況を調査し、配偶者や子供もいて同居生活していれば、最初から騙すつもりだった疑いが濃厚になります。もっとも、結婚を種にお金を騙し取られたと、あなた自身が考えていることが大前提です。

 いずれにせよ、渡したお金の額や目的、交際の経過を時系列で整理し、メールの履歴なども添え、二人の関係が結婚前提のことを知っている友人がいれば、同道してもらい警察に相談してください。

【弁護士プロフィール】
◆竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2016年4月29日号

【関連記事】
「金融機関の職員がグルです」と電話 新たな特殊詐欺の手口
大学のイベサーからオレオレ詐欺の頂点に立った男の実態ルポ
中国農村部で結婚詐欺が横行 男女比の歪みが犯罪誘発の事態

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。