ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伊勢谷友介と熱愛報道の森星 業界内の評判は上々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《デートのときのじゃん!》、《この服!! あの方と、一緒にいたときの…》。4月11日、タレントの森星(もりひかり、23才)のInstagramにアップされたのはロングスカートのスリットから長い美脚を惜しみなく伸ばした写真。その投稿には、通常を大きく上回る90以上のコメントがついた。

 なかには《伊勢谷さんに撮ってもらったの?》と“直球”コメントも。伊勢谷さんとは、俳優・伊勢谷友介(39才)のこと。

 これまで、広末涼子(35才)、木村佳乃(40才)、長澤まさみ(28才)など、名だたる女優たちとの交際が話題になった伊勢谷が選んだのが森星。『FRIDAY』(4月15日発売号)でふたりの半同棲生活がキャッチされ、星のインスタはお祭りムードなのだ。

 星といえば、姉にタレントの森泉(33才)、祖母は世界に名の知れるファッションデザイナー・森英恵(90才)というセレブ一家に生まれ育った。その生い立ちから、「自由奔放」「よくも悪くも空気を読まない」などと評され、泉とともに“お騒がせな和製ヒルトン姉妹”ともいわれ破天荒なイメージがつきまとう。

 伊勢谷の恋愛遍歴を考えると、これまでとはタイプが違う女性のように思えなくもないが、どうやら伊勢谷のほうが星にゾッコンなのだとか。伊勢谷を夢中にさせた星っていったいどんな女性なのか──。

 星は、今年の3月に慶應義塾大学を卒業したばかり。英恵の長男を父に持ち、母・パメラさんはイタリア系アメリカ人の元モデルだ。その血を受け継いでいるのか、読者モデルを経て2012年から2015年まで『CanCam』の専属モデルを務め、昨年からはタレントとしても活躍。『新チューボーですよ!』(TBS系)の7代目アシスタントを務めて早1年が経った。

 姉・泉のキャラと相まって「敬語が使えないお嬢様」「天真爛漫すぎる」などと報じられるが、仕事場での評判は上々だ。

「スタッフへの挨拶もしっかりしています。撮影で時間が押してしまったときに、“私がうまくできなくてご迷惑かけてすみません、いい写真ありがとうございます”ときちんと謝罪、お礼が言える。スタッフにも彼女のファンは多い。森きょうだいのなかで唯一日本の社会で生きていける子じゃないかな(笑い)」(出版関係者)

 大学時代は中国文学を専攻。意外にも(?)勤勉で、中国語はペラペラだという。小さな頃からパメラさんの実家に行っていたこともあって、英語もバッチリ。

「大学時代にニューヨークに留学していた伊勢谷も英語が堪能。星の英語もネイティブレベルだし、そんなところもお互い気があったのではないでしょうか」(芸能関係者)

 泉は5人きょうだいの3番目で長女、星は末っ子で三女。姉妹仲はよく、星のInstagramではツーショットが頻繁に更新されている。

「よくふたり仲よくお茶を飲みにきます。スタイル抜群でとにかく目立つんですけど、テレビで見るような派手な感じではない。キャッキャしすぎずにのんびりくつろいでいます。ハーブティーとかアサイー系のドリンクが好みですね」(ふたりがよく訪れるカフェの店員)

※女性セブン2016年5月5日号

【関連記事】
長澤まさみ 結婚を本気で意識したが伊勢谷「考えられない」
広末、佳乃との交際の末に伊勢谷友介 カリスマモデルと熱愛
伊勢谷友介と長澤まさみ 長期ロケ前夜13時間の「お泊まり」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP