ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田原総一朗氏 「視聴率は7~10を狙う」の意味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 小林よしのり氏が気炎を上げる。テレビ報道はもう終わった、と。向かう先は、「朝生」こと『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)の司会者として、その道の先頭を走り続けてきた田原総一朗氏だ。同氏はまだまだテレビには力が残されている、と返す。高市早苗総務大臣の「停波発言」の波紋が収まらないなか、2人がマスコミの役割について語り合った。

田原:何だかんだと言っても、マスコミは国民が求めているものに答えなきゃいけない。その求めに応じなければ、視聴率はこないんですよ。国民の求めに応じるのがテレビだと思う。

 これは筑紫哲也さんとよく話してたんだけど、筑紫さんはTBSで夜11時からのニュース番組を担当していて、要するに生存視聴率っていうのがあると。いくらいい番組をつくっても視聴率が7%以上取れなきゃ、理屈もへったくれもないと言っていた。ただ、10%以上取ろうと思うと今度は無理が出てくるわけ。まったく違う番組をつくらなきゃいけない。

 だから、二人で7と10の間で勝負するんだとよく言ってました。『朝生』が今まで持っているのは、要は視聴率がいいからです。小林さんの絵が雑誌に載っかるのも、雑誌が売れるからですよ。小林さんの絵がまったく売れなかったら載っかりませんよ。

小林:そりゃ、商売を兼ねている部分はあるからね。けれども安倍政権批判をやると売れなくなる。わしも売れなきゃ何も言えないからね。

田原:安倍政権批判は売れないと思う。テレビも数字は取れない。批判はもう時代遅れ。今の日本人は、失われた20年で自信をなくしている。批判を聞くようなゆとりを持てなくなってしまった。確かに、アベノミクスは行き詰まってますよ。だからこそ、こうやればいいということを打ち出すべきだと思う。そういうものを出せば売れますよ。

 僕はこの前の選挙のときも、その前の選挙のときも、野党の党首たちにアベノミクス批判なんてやめろと言った。ワタナベミクス、ハシモトミクス、あるいはオカダミクス、何でもいいから、俺たちならこうするということを打ち出せと言ったけど、どこも打ち出せなかった。そもそも民主党がダメになったのだって、批判が受けなくなったからでしょう。民主党は単なる自民党の批判でしかなかったから。

小林:民主党の挫折っていうのは、いろいろなものに影響を及ぼしちゃったね。

田原:最近、テレビは何かというとコンプライアンスの問題を持ち出してきますよね。コンプライアンスは法律を守る遵法精神だと解釈されてるけど、実態は違います。クレームのことなんですよ。

 昔はクレームが電話で来たので、担当ディレクターが、もう二度としませんと謝るだけでことが済んだ。今のクレームはネットで来るでしょう。そうすると管理部門や何かに拡散されちゃうわけだ。すると、大騒ぎになって、スポンサーのところまでいっちゃう。だから、クレームの来ない番組、無難な番組をつくろうみたいな感じになってきている。

小林:だからさ、やっぱり組織人は弱いんですよ。田原さんの場合は、田原さんや周りのブレーンが強かったんですよ。他のところはそうはなってないじゃない。

田原:それはそうかもしれないけど、僕が一番の問題だと思ってるのはね、テレビマンたちが、昔ほど番組づくりをおもしろがってないこと。仕事だと思ってるんじゃないかな。職人気質じゃない、サラリーマンになってきてる。

小林:それはあるな。闘うの、大変だから。わしも名誉毀損で訴えられて、最高裁で弁論したからな。わしの言論を萎縮させないでくれ、自由に描かせてくれと訴えて逆転勝訴になった。

田原:でも、おもしろいじゃない。小林さんも、名誉毀損で訴えられても、半ばおもしろがってるでしょう。

小林:そうね……(笑)。そういう意味でも、喧嘩し続けないとね。

【プロフィール】田原総一朗:1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、岩波映画製作所を経て、1964年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。1977年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。主な著書に『塀の上を走れ 田原総一朗自伝』など。    

【プロフィール】小林よしのり:1953年、福岡県生まれ。1976年、大学在学中に描いたデビュー作『東大一直線』が大ヒット。1992年、「ゴーマニズム宣言」の連載スタート。以後、「ゴー宣」本編のみならず『戦争論』『靖國論』『昭和天皇論』といったスペシャル版もベストセラーに。執筆の傍ら、『朝まで生テレビ!』に出演し、討論を盛り上げた。

※SAPIO2016年5月号

【関連記事】
半沢直樹の後継番組が成功しない理由などTVの裏側読み解く本
テレ東のPがアイデア量産の秘訣や企画の出し方を伝授する本
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。