ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Y!mobileのCM猫 落ち着かないのでなだめながら撮影した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 動物プロダクション『ZOO』には現在、約100種類の動物がおり、中でも“タレント”として活動しているネコは13匹。彼らの多くはドラマや映画、CMで“演技できるネコ”として活躍している。そんなスターネコを多く世に送り出しているのが、同プロ・コーディネーターの北村まゆみさんだ。

 ネコの扱いを熟知した彼女に、スターネコに演技をさせる方法を聞くと、以下のような答えが返ってきた。

「犬は人、ネコは場所につくというほどで、ネコを意のままに扱うのは私たちでも決して簡単ではありません。そんな彼らに演技をさせる上で、私たちが大事にしているのは、彼らの個性を見極めることです。

 例えば『Y!mobile』のCMに出演した春馬(オス・6才)は、おとなしくてじっとしているタイプですが、初めての撮影現場では、最初は落ち着かないので、私がそばで“ここにいてね”と話しかけ、体をなで、なだめながら撮影をしました。

 また、ドラマ『猫侍』シリーズでメインを務めたあなご(メス・推定17才)は、人の懐に入るのは得意なのでそのシーンで大活躍。走るシーンは、走るのが得意なネコが担当するなど、1つの役を2~3匹で、それぞれに得意なことを生かして演じさせています」

 ネコの性格を見極め、生かすには、普段からの準備が大切なのだという。

※女性セブン2016年5月5日号

【関連記事】
BIGBANG 日本の女性はきれいで親切でやさしいと語る
金運UPにGood「珍獣占い」 宝くじ当選に繋がる賢い買い方
青色LED中村修二氏 大学入試は全廃すればいいと本気で思う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP