ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空港の大行列にはもう並ばない!関西国際空港のGBC(グローバルビジネスクラブ)が魅力に溢れかえる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

関西国際空港で昨年からはじまったGBC(グローバルビジネスクラブ)をご存知でしょうか?

日本初となる空港が提供するビジネス出張者向けのトータルサービスです。

 

カードを提示するだけで、保安検査の優先レーン利用やラウンジサービス、免税店割引などの特典を受けることができます。

企業としては利用の度にコーポレートポイントがたまり、各種サービスに還元することが可能です。

そんな魅力いっぱいのGBCですが、カードさえ持っていればサービスを受けられるため、加入企業さえOKであればプライベートでも使えてしまうのです。その魅力を詳しくご紹介します。

 

混雑時でもスピーディーに出発

photo by Hurry Along

連休の混雑時、保安検査場に入るために大行列に並んでイライラした経験はありませんか?

出発前の免税店でのショッピングを楽しみにしていたのに時間が無くなってしまった経験がある女性も多いことでしょう。

そんな時にGBCカードがあれば、FAST LANE(ファストレーン)を利用し、会員専用の入口より快適に保安検査場を通過できます。

 

これで、保安検査前後の時間の有効活用ができますよね。

さらに、航空会社によっては「優先チェックイン」や「優先搭乗」までサービスされることもあります。

会員なら搭乗のシートクラスにかかわらず優待されるので、これだけも入会の価値ありです。

 

空港内の100ヶ所以上でお得な優待

photo by Ryan Wick

関西国際空港の第1・第2ターミナルやエアロプラザ内にある、飲食店、物販店、各種サービス施設など100以上の提携店にて、割引等の優待特典があります。

また、長距離便に限定はされますが、ラウンジが無料で利用できるなどサービスが多数存在します。

 

例えば、免税店5%割引、駐車場25%割引、ホテル日航関西空港宿泊料割引に加えてKIXエアサイドラウンジ無料などです。

出国エリアにある飲食店や各種物販店でも利用できるので、ファストレーンで保安検査場を通過した後、搭乗までゆっくりお得に買い物やラウンジでの時間を過ごすことができます。

ちなみに出張で伊丹空港をよく利用するよ!という方も、約50の提携店舗で優待があります。

 

コーポレートポイント(CP)を貯めてお得な特典と交換

photo by Business man card

コーポレートポイントとは、関西国際空港発の国際線フライトをご利用のたびに、会員企業単位で累積されるポイントのことです。

ポイントは長距離便〜短距離便まで付与されるポイントが違いますが、出張が多い企業ならあっという間にポイントが溜まっていることでしょう。

 

ポイントが溜まれば、例えば、ラウンジ利用券、駐車場無料券、免税店のクーポン券など、様々な特典に交換可能です。

このポイントの使い方は企業によって違うと思いますが、福利厚生の一つとして社員に還元されて使用可能となれば、プライベートでもかなりVIP待遇にて旅を楽しめることでしょう。

 

最後に

photo by El Nido Airport (ENI) Departure Lounge

以上、関西国際空港がお届けするGBC(グローバルビジネスクラブ)サービスをご紹介しました。

これはビジネス向けに設定されたものですが、ビジネスに限定する必要は全くありません。

入会している会社さえOKを出せば、家族、友人だってこのサービスを受けることができるのです。

 

実際、会社の福利厚生の一つとして活用されている企業も多数あり、私自身もこのGWでのセブ旅行で初めて使用するので楽しみです。

連休中の保安検査場の大行列を横目に、家族、彼女、友達などにGBCカードを渡せば、あなたの評価が急上昇することは間違いないでしょう。

あなたの会社も入会しているかもしれませんよ。

このカードを使って旅するように出張しましょう。そしてプライベートでも使い倒しましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

LCCでお得に旅をしながら機内でwifiを利用できる航空会社4選
2月15日~2月21日までエアアジア「全便全席20%オフ」セール開催中!
JALが6月・7月も引き続き燃油サーチャージゼロにすることを発表!
フランスやドイツの鉄道パスが「20%割引」や「有効期間延長」など期間限定で開始!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP