ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大事なのは「宿選び」。あなたの旅を個性的にする「Airbnb」より優れたサイト5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さん、Airbnb(エア・ビーアンドビー) をご存知ですか?

旅先で現地の人の家に泊まることができるサービスで、日本を含め全世界で非常に注目を集めています。

「高級なホテルももちろん憧れるけど、せっかくなら、海外に住む感覚でローカルな生活を満喫してみたい!」という方にはもってこいのサービスです。

そんな旅好きの方必見!実は、Airbnbに似たサービスを提供してくれるウェブサイトはどんどん現れています。まだまだ知られていない、Airbnb競合サイトをまとめてご紹介いたします。

 

⒈細かいニーズに応える「Flipkey」

Photo by www.flipkey.com

Flipkeyは、旅行者にはおなじみ「TripAdvisor」が運営するウェブサイトです。サービス内容はAirbnbと類似しており、ウェブサイトの端々には、あのトリップアドバイザーのロゴがちりばめられています。

トップページから物件を選びレビューを見てみると、慣れ親しんだTripAdvisorのデザインが現れます。またFlipkeyでは、プール付きやペットフレンドリーなど、細かい条件を指定して検索できるのも魅力。

旅好きな方は、Tripadvisorをよく使用する機会が多いのでは?そんな方には、特に見やすいデザインとなっています。

 

⒉コスパ重視「Wimdu」

Photo by www.wimdu.co.uk

Wimduはドイツ発のバケーションレンタルサービスです。バケーションレンタルサービスとはオーナーが不在の期間に部屋を賃貸するレンタルサービスのことです。

2011年に創業して以来、サービスは急拡大し、現在ではベルリン本社とリスボン支社に250名以上のスタッフを抱える大手バケーション・レンタルサービスに成長しています。

2014年には39の異なるドメイン(言語、通貨含む)を展開しており、世界100ヶ国以上に30万件の掲載物件と10万人のユーザー数を抱えています。

ゲストとホストの信頼関係によって成り立つプラットフォームとなっており、ホテルの約半額の料金で宿泊できるというのも魅力の1つです。

日本語にも対応しているので、英語がわからない方でも安心して利用ができます。

 

3.代案を探してくれる「Roomorama」

Photo by www.roomorama.com

シンガポールに本社をおくRoomorama。現在では、アメリカ、イギリス、タイ、フィリピンへと事業を拡大しています。世界5000都市以上、30万件以上の物件から、お好きなものをレンタルすることができます。

Roomoramaは、創業者の Jia En Teo氏とFederico Folcia氏が、ニューヨークにあった自宅のアパートを既存のサイトを活用して貸し出したところから始まりました。

Airbnbよりも細かく検索条件を指定でき、複数物件に対して季節のごとに料金を編集できる機能や、ゲストから予約や問い合わせ時に部屋が満室だった場合、Roomoramaに掲載済みの他の自分の物件の中から、空いてる別の部屋を簡単に提案できる機能もついています。

予約をしたいと思って問い合わせてくれた顧客を逃す確率が少なくなるのは、ホストにとっては嬉しい機能ではないでしょうか?

 

⒋長期滞在者にオススメ「HomeAway」

Photo by www.homeaway.jp

HomeAwayは、2005年に設立した、アメリカテキサス州に本社をおくレンタルサービスです。実は、AirbnbよりもHomeAwayの方が創立が早いんですね。

HomeAwayのユーザー側のニーズは、Airbnbのような短期ではなく、長期滞在用に一軒家や別荘を借りることが主だといいます。ゆっくりと滞在できる分、思いっきりバケーション気分を楽しめそうですね。

またホストとして部屋を貸し出す際の手数料は一律3%と安く、登録件数も、他のAirbnb競合サイトより比較的多いです。

 

⒌少し贅沢をするなら「onefinestay」

Photo by www.onefinestay.com

onefinestayは、2010年にイギリスのロンドンで創設された、空き部屋マッチングサービスです。現在、ロンドン、ニューヨーク、パリ、ロサンゼルスの4都市を中心に展開しています。

Airbnbと大きく違うのは世界的に人気のある観光都市の高級物件のみを扱っている点。

予約管理やオンライン決済といったオンライン上のサービスに加え、onefinestayの専門スタッフによるコンシェルジュサービスや、ラグジュアリーなアメニティの提供など、オフラインでの贅沢な「おもてなし」にも力を入れています。

贅沢な旅をしたいというあなたにオススメです。

 

Airbnbだけじゃない!どんどん増える選択肢

いかがでしたでしょうか?

現地の人の家に泊まることができる民泊は、今後さらに人気となっていきそうですね。選択肢は多ければ多いほど、お得だったり、魅力的な物件が見つかるものです。

皆さんも、次回旅行に出かける際は、これらのウェブサイトを比較してみては決めてみては?

関連記事リンク(外部サイト)

Airbnbをこれから利用する人に読んでほしい良記事17選
【死ぬまでに泊まりたい】ホテル「ほしのや」が素敵すぎる。
Airbnbの日本語版PR映像がおしゃれすぎると話題に
名古屋の宿泊はこれで決まり!8000円以下で泊まれるAirbnb物件7選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP