体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ周辺症状(BPSD)は起きてしまうのか?脳機能から見る認知症ケア

アイキャッチ

介護福祉士・理学療法士の中村です。今回は私が実践している、脳機能の側面から考える介護方法についてお話させていただきます。認知症高齢者に対する接し方のひとつとして、皆様の介護のヒントになればと思います。

周辺症状が起こる原因を考える

ご家族や介護職員の皆様は、認知機能障害が原因で起こる周辺症状の対応に苦慮されることが多いのではと考えています。周辺症状の原因は、大きく分けると以下5つが考えられます。
脳の器質的障害
脳血管障害等が脳に直接的ダメージを与えることで起きる、記憶障害・見当識障害・判断力低下・認知機能低下
身体的要因
感染症、脱水、薬物の副作用、代謝異常等
心理的要因
心理的な不安定性、ストレス、孤独・不安・疎外感等
環境的要因
初めての場所、閉鎖的な場所
不適切なケア
苦痛や屈辱的・暴力的なケア、不安を伴うケア

周辺症状が起こるきっかけは?

脳には扁桃体という機関が存在します。大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)と呼ばれるものの一部で、情動的な記憶を蓄積すると言われています。周辺症状は、認知症高齢者が示す介護拒否や怒り(興奮)などが扁桃体に刻み込まれ蓄積し、不適切なケアやストレスがきっかけで、引き起こされるものだと考えられます。

cats-crop

扁桃体は感情の元となる場所であり、喜怒哀楽を生み出します。悲しみ、怒り、恐怖などが扁桃体に積み重なっていればいるほど、爆発した時のエネルギーは大きいものとなります。

前頭葉が障害を受けている場合

前頭葉という部位は、思考、理性、意欲、運動、判断などを司っています。脳の萎縮や脳血管障害などにより前頭葉の機能に障害を受けると、前頭葉の持つ働きが行えなくなります。社会のルールが分からなくなったり(万引きを常習的に行う等)、食行動に異常がみられる(紙やタオルを口にする等)場合は、前頭葉に障害を受けていることも考えられます。

前頭側頭型認知症の症状について詳しく知りたい方はこちら

周辺症状の進行を防ぐ、遅らせるポイント

認知症高齢者のそれまでの「生き方」を知り、アプローチを行うことが、周辺症状の進行を防いだり遅らせる大切なポイントであると考えます。

出身地にまつわった接し方を心がけているか?

施設の新規入所や居室変更の際、認知症高齢者の症状が酷くなるといった経験はありませんか?これはリロケーションダメージと呼ばれるもので、標準語で話そうと努力することや、環境変化により脳に大きなストレスがかかることが起因になります。我々も、初めて訪れる場所では、自然と標準語で話そうと努力しますよね。

結婚などで出生地から離れたり、出生地の訛りが出ないようにする人の場合、脳が多くのエネルギーを必要とするためにストレスがかかり易いのです。

方言を話している人が標準語で話すことは脳の働きが大きい

引用元:ニューヨーク・デイリー・ニュース

私は、全国の施設等の研修会で講師として呼ばれるのですが、初めて出会う高齢者に対し、その地方での方言を2、3個ほど用いて会話をします。方言を聞いた安心からか、職員が知らないようなお話を聞くことができます。

安心感を与えたり脳へのストレスを軽減させるには、レクリエーションや普段の会話、また施設内でのBGMなどに出身地にゆかりのある物語や民謡、方言などを使用するとよいかと思います。

欲求が満たされた生活を送っているか?

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy