体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで夢の中の世界♡世界遺産をカラフルに描いたポストカードが登場!

お部屋に飾ったり、手紙を書いたり、様々な使い方があるポストカード。目的がなくても、ついつい集めてしまいますよね?

特に旅好きにとっては、世界遺産が描かれたポストカードは目を惹かれてしまいます。

そんな世界中の世界遺産をモチーフに、独特な世界観でカラフルに描く、グラフィックアーティスト「松田光一」さんの作品がポストカードになりました!

写真とは一味違う世界遺産を、どうぞご覧ください。

 

グラフィックアーティスト「松田光一」

mpc_2

和歌山県出身のグラフィックデザイナー、松田光一さん。小さい頃から絵を描くことが好きだった事から、大阪芸術大学に入学。

その後、世界遺産をモチーフにしたアート作品を生み出し、2010年には「WORLD HERITAGE ART」(世界遺産アート)というブランドを立ち上げました。

グラフィックデザインの他にも、キャラクターデザイン・プロダクト企画・WEBサービスなど幅広く活躍中。スケッチとグラフィックの両方を使って作り出す、カラフルな作品は女性を中心に人気を得ています。

現在、株式会社IDEALIDEA Inc 代表。個展や講演を、全国で開催しています。

松田光一さんFacebookページはこちら
WORLD HERITAGE ART公式ホームページはこちら

 

カラフルなポストカード

COLLECTION

松田さんがデザインしたポストカードは、世界遺産まで実際に足を運んでおり、目の前でスケッチをし、帰国後に色を付けていきます。

なぜ、松田さんは世界遺産を書き続けるのか…そこには、世界遺産に対する強い思いがありました。人々が作り出した文化や建物、自然が作り出した絶景の世界遺産を、国、人種、関係なく守り続けていく。

そんな、地球の上の人類全員で大切にされ続けている、世界遺産に魅力を感じ、創作活動を始めたそうです。

 

お気に入りを見つけよう!

101098066

松田さんがデザインしたポストカードは、全部で16種類。その中には、日本の富士山もあります!

見ているだけでワクワクして、描かれている場所に行きたくなってしまう松田さんの作品。あなたにぴったりのポストカードを見つけてみて下さいね♡

それでは、少しだけご覧ください。

モンサンミッシェル/フランス

mpc_12

アンコールワット/カンボジア

mpc_10

イスタンブール/トルコ

mpc_11

富士山/日本

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会