ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「熊本にふるさと納税」できる方法いろいろ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


寄附をすると豪華な特典がもらえることがあり人気となっている「ふるさと納税」。熊本地震を受けて、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」で、ふるさと納税の仕組みを使った緊急支援募金サービスがスタートし、注目を集めている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

募金額は1000円からで、熊本地震の被害を受けた南阿蘇村、菊池市を支援することができる。南阿蘇村には4月17日の募金サービス開始以来、18日(10時時点、以下同)に3314件・4850万3492円。19日には4523件・6626万2377円と、続々と寄附が集まっている。菊池市への支援は4月19日にスタートした。

寄附方法は各種クレジットカード決済のほか、南阿蘇村への寄附は10万円未満ならソフトバンク・auのキャリア決済、5万円未満ならPay-easy、コンビニ決済も可能。菊池市ではクレジットカード決済と10万円未満のソフトバンク決済のみ対応する。

Twitterには、

「被災地の自治体のふるさと納税で支援。これいいですね」
「私に出来る事はこの辺りかな。いっぱいお世話になったから」

など、被災地支援のあり方として評価する声や、早速寄付をしたという報告がみられる。しかし一方で、ふるさと納税制度では、自治体が寄附金受領証明書の発行業務をする必要があるため、現地での事務負担の増加を心配する声もある。

ちなみに、別のふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」でも緊急支援として熊本県菊池市、宇城市への寄付を扱っているほか、福井県や茨城県境町が、熊本県への災害支援寄付の代行受付を開始している。ほかの自治体が寄附金受領証明書の発行をおこなうことで、熊本県の事務負担が軽減されるというわけだ。

熊本に負担をかけることなく寄附をしたい人は、検討してみてはいかがだろう。
(花賀 太)
(R25編集部)

「熊本にふるさと納税」できる方法いろいろはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「DMMのふるさと納税」人気すぎ
宇多田新曲 熊本地震のなかで「沁みる」の声
PC、電子マネーetc.「ITふるさと納税」6選
ふるさと納税でPC機器がもらえる
Wikiの検索エンジン「寄付募る?」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。