ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メリル・ストリープ、役になりきれなかった映画があると告白

DATE:
  • ガジェット通信を≫


メリル・ストリープは、彼女にアカデミー賞主演女優賞ノミネートをもたらしたある特定の映画で演じた役柄に、完全に満足はしていなかった。

4月15日(現地時間)、英BBCの人気トーク番組『グレアム・ノートン・ショー』に出演したストリープは、「私はその映画で多くの賞を受賞したから、まさかその映画だとは想像もつかないでしょうね」と、髪をかきあげながら冗談交じりに語り、続けて、「その映画で崇拝を受けたのよ」と、話した。

最終的にストリープは、その映画とは、1981年に公開された映画『フランス軍中尉の女』であることを認めた。同作は、ビクトリア朝時代を舞台にし、ストリープは、ジェレミー・アイアンズ演じる若手俳優の相手役として、劇中で大恋愛を装って演じる女性の役を演じた。

ストリープは、「言い訳になるけど、ある意味、この映画の構造はどちらかというと不自然なものだった。私は、フランス軍中尉の女だと装って演じる女性を演じていたのだから」と、語った。そして、「同時に私は、イギリス人女性を演じるアメリカ人女優でもあった」と、続けた。

カレル・ライスが監督を務めた同作で、ストリープは、英国アカデミー賞主演女優賞とゴールデングローブ賞主演女優賞 (ドラマ部門)を受賞した。

ストリープは、「役柄を達成したとは感じなかった」と語り、「常に、事後よりも良い仕事をしたいと思うものよ」と、続けた。

ストリープは、ヒュー・グラントと共に、これから公開を控える映画『Florence Foster Jenkins(原題)』の宣伝のために同トーク番組に出演していた。そんな中でグラントは、同作の中でグラントのことを嫌う女性共演者の名前を明かした。ジュリアン・ムーア(ひどく嫌っている)、レイチェル・ワイズ(軽蔑している)、ドリュー・バリモア(憎んでいる)だ。

グラントは、共演したバリモアの役柄について語り、「彼女(バリモア演じる役)が僕にメモを渡したのが間違いだった」 「あなただったらどうする?」と、ストリープに尋ねた。

ストリープは、「私はとても上手く対応したでしょう?」と、素早く冗談を返した。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP