ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

保湿だけじゃない!ドライアイにもOKなヒアルロン酸に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヒアルロン酸というと肌の保湿や膝痛に効果的な成分だというイメージがあると思います。しかしそれだけではありません。ヒアルロン酸は日本人の10人に1人が悩んでいるとされる「ドライアイ」にも効果的なんです。仕事でPCに向かいっぱなしの人や、スマホをいじる時間が長い人、なんだか目が疲れやすいという人はヒアルロン酸が必要かもしれません。

ドライアイの症状とは?

あなたは10秒間まばたきしないでいられますか? できない人はドライアイの可能性アリ。パソコンやスマホを日頃からよく見ている人、コンタクトレンズを使用している人、冷暖房が強くかかっているオフィスにいる人は特に要注意。瞬きの数が無意識に減少し涙で瞳がうるおわず、目が乾きやすい状態になっています。たかが目の乾燥と思うかもしれませんが、これが集中力の低下、肩こり、頭痛、腰痛などの原因になっていることもよくあるのです。

ドライアイにヒアルロン酸が良い理由

ヒアルロン酸はムコ多糖類に属し、ねばねばする性質があります。保水力が高く1gで6リットルの水を抱え込むことができます。ヒアルロン酸は皮膚や関節だけでなく、目の硝子体にも含まれています。ただし涙には含まれていません。ですが、ヒアルロン酸は涙の成分「ムチン」によく似たはたらきを持っているため、ヒアルロン酸を摂ると涙が角膜表面にとどまりやすくなり、ドライアイを予防・改善することができるのです。ヒアルロン酸配合の目薬が販売されていますが、これは目に涙の潤いを留めて守るため。ドライアイが気になる人は使ってみてください。

ヒアルロン酸が含まれる食品を覚えておこう

ヒアルロン酸はサプリメント、化粧品や目薬だけでなく、もちろん食品にも含まれます。多く含まれるのは鶏の軟骨、鶏手羽、豚骨、フカヒレ、鮭、カレイなど。野菜ではねばねばしたもの、例えばオクラ、山芋、納豆、もずくなどに豊富に含まれます。これらの食品を食べると体内でヒアルロン酸が合成されます。しかし食品からの摂取では分子が大きくて吸収されにくいというデメリットがあるため、サプリメントで摂るほうが効率的。「低分子化ヒアルロン酸」「ナノ化ヒアルロン酸」など分子が小さいものを選ぶと良いでしょう。機能性表示食品やトクホ商品にもたくさんありますね。

writer:松尾真佐代

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP