体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

濃厚豚骨と坦々麺がフュージョンした“つけ麺”を食べてみた @『最強ラーメンFes,』町田

yosida018_R

東京都町田市のシバヒロで開催中の『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』には、色々なラーメンが全国から集まっています。

この機会に色々なラーメンを食べて、自分のスキルを上げる事は無駄ではありません。

電車に乗ってまでラーメンを食べに行く程ではない“ライトユーザー”こそ『最強ラーメンFes,』は滅多にないチャンスなので、是非とも美味しいラーメンを食べに訪れてみて下さい。(PR終わり)

超濃厚な豚骨白湯で勝負する『吉田商店』

yosida002_R

栃木県の小山市からやって来た『吉田商店』は、大つけ麺博に4年連続出場する実力店です。

そんな『吉田商店』は今回、担々麺をインスパイアした『超濃厚辛シビ坦々つけ麺』で勝負する模様。

yosida001_R

確実に間違いない味に収まる”担々麺”をつけ麺で再現するとなると、どこまで個性を出せるのか気になるところですが、そこは『吉田商店』なら上手くまとめてくれると思います。

『超濃厚辛シビ坦々つけ麺』を食す!

yosida019_R

ちなみに筆者、自分で担々麺を作るレベルの担々麺好きなので、かなりジャッジは厳しいと思います。

まずビジュアルですが、担々麺のつけ麺バージョンと言う事で、担々麺に必要な要素は満たしている予感ですね。

yosida023_R

特に麺の上にトッピングされているナッツ的な何かは、いわゆる“松の実”に相当し、炒めた挽肉もソレっぽさを盛り上げています。

全粒粉入り極太ストレート麺

yosida021_R

看板に書いてあるままですが、全粒粉が入った極太ストレート麺は、小麦の風味も高くワイルドな色合いも素敵ですね。

yosida022_R

最近は全粒粉を入れるのが、ひとつのトレンドですが筆者的には大歓迎で御座います。

担々麺をイメージした超濃厚な豚骨白湯スープ

yosida020_R

通常の坦々麺は意外と軽いスープを用いるのがセオリーですが、今回は“つけ麺”なので濃度を上げた豚骨白湯スープをベースにしているとのこと。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。