体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロ棋士対コンピュータの「電王戦」を発表 「米長邦雄永世棋聖vsボンクラーズ」

コンピュータとの対局に「電王戦」と名づけた日本将棋連盟会長の米長邦雄永世棋聖

  日本将棋連盟、ドワンゴ、中央公論新社の三社は2011年10月6日、共同記者会見を開き、日本将棋連盟会長の米長邦雄永世棋聖と、将棋対局ソフト「ボンクラーズ」が対局することを発表した。「電王戦」と名づけられたこの対局は来年1月14日に東京・将棋会館で行われ、ニコニコ生放送で中継される。

 かつて四冠を達成し永世棋聖の称号を持つ米長会長と、第21回世界コンピュータ将棋選手権で優勝を果たした「ボンクラーズ」の一戦が、対局の100日前に発表された。

 すでに引退から8年経つ米長会長は、対局について

「68歳で最新コンピュータソフトに対して、どこまで戦えるのか試してみたい。個人的な理由としては、前立腺がんを患っている人間が70歳を目前にして頑張る、その姿を多くの人に見ていただいて、元気になったと思われるような対局をしたい」

と意気込みを語った。一方、1秒間に400万局面以上を読むという「ボンクラーズ」開発者の伊藤英紀さんは、

「コンピュータ将棋の開発をやっているものとして、人間のプロ棋士に挑戦し、勝つというのが究極の目標。大変手強い(相手)と予想しているが、恥ずかしくない形で対戦したい」

と抱負を述べた。

 なお、「電王戦」協賛のドワンゴ川上量生会長の振り駒により、「ボンクラーズ」の先手で対局が行われることが決定した。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]米長邦雄永世棋聖のコメントから視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv65644382?po=news&ref=news#2:55
・米長邦雄永世棋聖 vs ボンクラーズ プロ棋士対コンピュータ 将棋電王戦特設ページ
http://info.nicovideo.jp/shogi/

(三好尚紀)

【関連記事】
コンピュータ将棋が2連勝で強さ証明 アマトップ棋士の合議戦略通じず
「ニコ動」ユーザーがしのぎを削る囲碁対局「ニコ生名人戦」
羽生名人が特別指導対局 「ニコニコ動画で自分の対局を見て、笑いました」
佐藤九段がニコニコ”生将棋”!? 対局しながらコメントにも答える
ケータイで羽生名人と一局指せる将棋倶楽部24モバイル」特別指導対局

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。