ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】マイケル・キートン、リブート版映画『スパイダーマン』で悪役を演じる交渉中

DATE:
  • ガジェット通信を≫
Mandatory Credit: Photo by Andrew H Walker/WWD/REX/Shutterstock (5599379fl) Michael Keaton 88th Annual Academy Awards, Arrivals, Los Angeles, America - 28 Feb 2016

マイケル・キートンがスーパーヒーローの世界に戻って来るかもしれない。今回は悪役としてだ。

複数の情報筋が本紙ヴァラエティに伝えたところによると、キートンは、マーベルと米ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメントが共同製作する映画『Spider-Man: Homecoming(原題)』に出演する交渉の初期段階にある。同作は、トム・ホランドがスパイダーマンを演じる最新作だ。

マーベルと米ソニー・ピクチャーズは、出演に関して何もコメントしなかった。

出演するとなると、キートンはDCコミックスからマーベルに鞍替えすることになる。キートンは、1989年のティム・バートン監督のDCコミックス映画『バットマン』のバットマン役で一躍有名になり、アカデミー賞候補にもなった。

『Spider-Man: Homecoming(原題)』では、マリサ・トメイが叔母のメイを演じ、ゼンデイヤも詳細不明の役で出演する模様だ。悪役を演じるとされているキートンの役柄についても謎に包まれている。

ジョン・ワッツが、ジョン・フランシス・デイリーとジョナサン・ゴールドスタインが執筆した脚本をもとに監督を務める。ケヴィン・ファイギとエイミー・パスカルがプロデュースを行い、10代のピーター・パーカーの高校時代に焦点を当てたストーリーとなる。

同作の内容の詳細は、固く守秘されている。

ホランド演じるスパイダーマンは、最新作映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初登場し、スパイダーマンの単独作品『Spider-Man: Homecoming(原題)』は、2017年7月7日に米公開となる。同作の製作は今夏に開始することが見込まれている。

キートンは、映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』と映画『スポットライト 世紀のスクープ』に出演し、両作ともアカデミー賞作品賞を獲得した。キートン自身は、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で第87回アカデミー主演男優賞にノミネートされた。キートンの次回作は、マクドナルドの創業者レイ・クロックを描いた映画『The Founder(原題)』となる。

キートンは、ICMパートナーズとアノニマス・コンテントと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。