ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仏陀の「天上天下唯我独尊」 「我」の意味に新解釈が流行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月であることを自覚している医師・僧侶の田中雅博氏による『週刊ポスト』での連載「いのちの苦しみが消える古典のことば」から、「天上天下唯我独尊」という仏陀の言葉についてお届けする。

 * * *
 お釈迦様は生まれてすぐに七歩歩いて「天上天下唯我独尊」と言ったといいます。実際は誕生時ではなく、出家修行が完成して仏陀となった直ぐ後で、他門下修行者の質問「貴方は誰の門下か」に答えた言葉です。お釈迦様は「天上天下、私に等しい者はいない、私は尊敬されるべき者(阿羅漢、あらかん)であり、無上の師である、私独りが完全に目覚めた者(仏陀)である」と答えられたのです。

 続けて「カーシー国の町に行って法輪(いのちの苦を吹き消す仏陀の教え)を転じ、不死の鼓を打つ」と宣言された。当時、出家修行者達の課題は「死ぬという苦」の克服でした。これを初めて解決したのがお釈迦様で、それを説くことを「法輪(ほうりん)を転じ、不死の鼓(つづみ)を打つ」と表現されたのです。

 しかし「天上天下唯我独尊」について別の解釈が流行しています。「我」というのは、お釈迦様だけでなく、「皆それぞれ自分というのは、かけがえのない尊い存在である」という解釈です。これは、お釈迦様の教えとしては正しいのですが、「天上天下唯我独尊」の宣言とは違う場面での話です。

 カーシー国の仙人堕処(修行者が落ち合うところ)で、お釈迦様は最初の説法をされました。これを初転法輪といいます。ここで四諦(四つの真実)と八正道(八つの完全なる道)が説かれました。四諦・八正道についての詳細は次回以後に書かせて頂くことにして、概略は「死ぬという苦の克服で自己執着を離れるヨーガ(心の働きの制御)」です。

 近年、緩和ケアが医療現場で普及しつつあります。そこで重要なのが「死ぬという苦(いのちの苦)」の緩和です。これを「いのちのケア」といいます。「いのちのケア」を担当する臨床仏教師や臨床宗教師が育ちつつあり、私達の入院施設や介護施設でも実習生を受け入れています。

「いのちのケア」では、死に至る病の人の「語り」を傾聴・理解・共感し、患者本人の人生の物語を完成させるお手伝いをします。そこでは、「皆それぞれ自分というのは、かけがえのない尊い存在である」と尊重されるのです。

 灌仏会(かんぶつえ)では、お釈迦様の誕生を祝って誕生仏(右手で天を指し、左手で地を指している仏像)に甘茶を掛けます。甘茶は江戸時代に発見された和漢薬です。私達の施設では、誕生鬼や赤ちゃんイエスの像にも甘茶を掛けます。甘露はアムリタの漢訳です。アムリタを文字通り訳すと、不(ア)死(ムリタ)ですが、インド神話で「甘露」と訳された飲み物の名前でもあります。

 甘茶の味は非常に甘く、甘露という漢字にも共通するので、これを飲んで「不死」の智恵が得られるように祈願しましょう。甘茶の甘みはカロリー無しの甘みなので、砂糖に代えて用いればメタボリック症候群のコントロールにも役立ちます。

●たなか・まさひろ/1946年、栃木県益子町の西明寺に生まれる。東京慈恵会医科大学卒業後、国立がんセンターで研究所室長・病院内科医として勤務。1990年に西明寺境内に入院・緩和ケアも行なう普門院診療所を建設、内科医・僧侶として患者と向き合う。新刊に『いのちの苦しみは消える 医師で僧侶で末期がんの私』(小学館)。

※週刊ポスト2016年4月29日号

【関連記事】
剃髪した美人尼僧(31歳) 「今の髪型は手入れが楽」と笑顔
うさぎが待っている神社や寺で夫婦円満や良縁を祈願しよう
「諦める」「勝利」「しょっちゅう」など、意外な仏教用語

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。