ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中居正広 膨大な資料読み込んで石原慎太郎と対峙した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「訳のわからないことを言っていた。とんちんかんだ。2回怒りそうになったよ」。4月12日、五木ひろし(68才)の新曲発表会にゲスト出演した石原慎太郎氏(83才)は、毒舌怪気炎を上げた。

 怒りの矛先は、SMAPの中居正広(43才)。発端は、4月1日放送の『金曜日のスマイルたちへSP』(TBS系)だった。同番組のこの日の特集は、石原氏が田中角栄の生涯を描いた小説『天才』(幻冬舎)について。

 石原氏はスタジオに登場するなり、背後にズラリと並ぶ赤い服を着た女性陣たちを一瞥して、「これどういう人たち?」とのっけから不機嫌モード全開。中居から最近の体調を問われると、「鬱々としている」「死ぬことばかり考えている」とネガティブな発言を繰り返した。

 さらに角栄について、「当時から“天才”と感じていたのか、今だからそう感じるのか」と中居が尋ねると、石原氏は顔を紅潮させてこう言い放った。

「あなたの言うことはよくわからねえなあ」

 この質問に“プッツンスイッチ”が入ったのか、石原氏は以降、「そういうんじゃないよ」と次々と中居の発言を否定。暴言ともとらえられる物言いに不穏な空気も流れた。番組のスタッフが打ち明ける。

「中居さん、事前にプロデューサーから『天才』と角栄に関する膨大な資料をもらって、全部読み込んでから収録に臨んでいました。彼はもともと、超のつく読書家ですからね。自宅にはノンフィクションから文芸作品まで、書籍が山積みにされているといいます。

 石原さんにとっては“とんちんかん”に映ったのかもしれませんが、それは、中居さんが知識を蓄えた上で、あえて何も知らない視聴者の立場に立って質問していたからなんです」(TBS関係者)

 この日、中居は、石原氏の迫力にひるむことなく終始穏やかに受け流した。

※女性セブン2016年5月5日号

【関連記事】
大阪教職員に「石原氏に橋下氏諫めてもらいたい」との声出る
石原慎太郎氏 維新と結いの合併を悩んでいた2か月前の写真
新党結成の石原慎太郎氏 知事辞任は側近にも伏せられていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP