ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山で広げたい1冊 いとうせいこうの『存在しない小説』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE月曜〜木曜午後の番組「ACOUSTIC COUNTY」のワンコーナー「KODANSHA HERE AND THERE〜for reading」(ナビゲーター:坂倉アコ)。今週は、たとえば登山の入り口へと向かう列車のなかで、夜の山の温泉宿で、ぜひ開いてみてほしい4冊と4つの山をご紹介しています。
4月20日(水)のオンエアでは、宮城県の蔵王連峰を紹介しました。
*  *  *
東北地方の真ん中で、南北に連なる奥羽山脈。そのうち、宮城県と山形県の南部県境に位置する蔵王連峰。広く「蔵王」の名で知られています。
晴れた日には、宮城県の平野からどこまでも緩やかに続く、その広い尾根が見渡せます。雄大で神秘的なその姿は、古来、人々にとって信仰の対象でもありました。いま、蔵王といえば、スキーや温泉など冬の人気の観光地。でも、昔むかしは「ざおうさん」または「ざおうやま」と呼ばれ、それよりも昔は、刈田嶺(かったみね)、不忘山(わすれずのやま)とも呼ばれ、平安時代から修行と鍛錬を積む神の山でした。
蔵王と呼ばれるようになったのは、一説には奈良県吉野町から、修行の仏様「蔵王権現」を勧請してまつるようになったから、と言われています。
ブナの原生林、可憐な高山植物、蔵王は自然豊かな山です。ピンク色のコマクサ、真っ白なワタスゲやシャクナゲ。紫色が鮮やかなリンドウ。標高1,000メートル付近にある蔵王高原坊平には樹齢300年のブナ林、スギ林。
滝が流れ落ちる夏のころ、深呼吸をしに行きたい場所。
そんなトレッキングの合間に広げる1冊は、いとうせいこう、『存在しない小説』。
*  *  *
本を持って出かけたい場所へのサウンドトリップ。明日は、どこの山になるのでしょうか? お楽しみに!
【関連サイト】「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイトhttp://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP